秋田中央野球部メンバー2019出身中学は?第3アウトの置き換えとは?

目次

夏の甲子園2019に出場する秋田県代表
秋田中央高校野球部メンバー2019の出身中学と

秋田県大会延長10回に起きた
第3アウトの置き換えプレーを
動画も交えて確認していきましょう。

スポンサードリンク

秋田中央高校野球部メンバー2019の出身中学

1 松平 涼平 投手 3 秋田市立桜中
2 野呂田 漸 捕手 1 三種町立山本中
3 齋藤 光 内野手 3 秋田市立将軍野中
4 佐々木 夢叶 内野手 3 八郎潟町立八郎潟中
5 伊藤 日向太 内野手 3 秋田市立秋田南中
6 新堀 文斗 内野手 2 三種町立山本中
7 利部 李玖 外野手 3 秋田市立太平中
8 齊藤 椋平 外野手 3 秋田市立勝平中
9 河野 泰治 外野手 3 秋田リトルシニア
10 熊谷 郁哉 投手 3 秋田市立御野場中
11 目黒 操 不明 2 男鹿市立男鹿東中
12 船木 周 不明 2 男鹿市立男鹿東中
13 小坂 広夢 控え 2 秋田桜中
14 加賀谷 三亜土 内野手 2秋田市立秋田北中
15 鷹島 琉暉 内野手 2 秋田市立山王中
16 泉 陽斗 控え 2 秋田秋田北中
17 武田 楓 不明 3 男鹿市立男鹿東中
18 荒川 一真 外野手 2 三種町立八竜中
19 半田 一茶 不明 3 秋田市立外旭川中
20 信太 覇月 不明 3 三種町立山本中

20名が秋田県内中学の出身選手です。

秋田県は比較的どの学校も県内の選手が多い傾向にあります。

スポンサーリンク

秋田中央高校  45年ぶり5回目

キーワードは自主性
選手個々に考える力、自主性を重んじるために
丸刈りをやめた。

当初は美容室で自分のしたい髪形すら伝えられなかった。
こういう普段の生活の中から野球につながることがある。

のちの第3アウトの置き換えにつながりそれが甲子園まで
つながると。

■地方大会の成績

7月13日 2回戦 西目 8-2
一回に河野の適時打で先制。
終盤に盗塁を絡め加点

7月15日 3回戦 秋田南 4-0
斉藤の2点本塁打で先制。
松平が被安打 5で完封

7月18日 準々決勝 由利 9-2
相手投手の乱れを突き、一回に4点先取。
八回コールド

7月20日 準決勝 能代 10-0
二回に野呂田の満塁本塁打で突き放す。
五回コールド

7月21日 決勝 明桜 5-4
野呂田の適時打で先制。
延長十一回に斎藤がサヨナラ打

チーム打率は.364

佐藤監督もうれしい誤算、1年生正捕手の
野呂田選手が準決勝で満塁ホームランを含む
20打数10安打打率5割り、8打点の活躍。

その1年生に引っ張られるように
元正捕手の齊藤 椋平が3回戦で公式戦初ホームラン
打率も16打数9安打、打率は.563

4番の斎藤光も骨折明けながら打率.429と
急激に調子も戻してきている。

投手陣は松平投手が主戦

投手陣は松平投手が中心。
ストレートは130キロ中盤
スライダーとのコンビネーションで打ち取る
ピッチング。

5試合32イニング3分の2に登板し
被安打22、与四死球12ながら自責点は2と
要所をしっかり占めることができた。

2番手は熊谷、信太といますが
それぞれの底上げは必要。

延長10回の第3アウトの置き換えとは

決勝明桜戦延長10回で起きた
第3アウトの置き換えとは

秋田の決勝戦で起きたのは

ワンアウト満塁からライトフライ、ライトフライでツーアウト

ホームに返球した球をカットしてセカンド投球、

セカンドランナーが飛び出しているのでフォースアウトで

スリーアウト。通常であればそこでチェンジとなるところだが

セカンドでフォースアウトになる前にサードランナーが

ホームインしているためここでサードでフォースアウトにし

かつ、アピールしなければ1点入る場面、1点入って

スリーアウトとなってしまう。秋田の場合はピッチャーが

きちんとアピールしてますね。

こちらは秋田決勝戦

こちらは甲子園で起きた第3のアウトの置き換え

こちらはアピールしなかったため1点入ってチェンジ。

夏の甲子園2019組み合わせは

夏の甲子園2019では大会第2日目
第4試合で立命館宇治高校と対戦

立命館宇治高木投手はスタミナ抜群の投手。
秋田中央高校は頭のスタミナが十分

秋田中央高校の佐藤監督は49代表で
野球は一番弱いとおしゃっていますが
昨年の金足農業の躍進にあやかって
強豪相手に一泡ふかせるかもしれません。

スポンサーリンク

高校野球

Posted by wajo