新型ノロウイルスの症状や潜伏期間は?予防や対策もしっかりと!旧型との違いは?

冬はインフルエンザも恐ろしいのですが、

最近はノロウイルスも猛威を奮っています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

食中毒は夏に起こりやすいとの認識が

一般的ですが、実は冬の方が食中毒も多く、

大半はこのノロウイルスが原因なのです。

 

さらに昨今では新型ノロウイルスが蔓延し、

保健所から注意が呼びかけられています。

のろ1

http://info.kamaboko.co.jp/assets_c/2015/09/2015%E5%B9%B49%E6%9C%888%E6%97%A5%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%B9-thumb-450×371-3078.jpg

 

旧来型のノロウイルスよりも新型ノロウイルスが恐ろしいのはなぜ?

ノロウイルスにはインフルエンザのように

確実なワクチンはありません。

 

しかしそれでもノロウイルスに対して

ある程度の免疫ができます。

 

しかし、新型ノロウイルスには

まだ誰も免疫がない状態と言えます。

 

ノロウイルスの恐ろしさは、強力な感染力。

 

学校や会社で集団感染といったケースも

充分に考えられます。

 

本格的な冬を迎えるにあたって、

新型ノロウイルスに関して予防、

対策をしっかりとしておきましょう。

 

潜伏期間や症状も知っておくことも大切です。

 

 

新型ノロウイルスの潜伏期間、症状は?

 

旧来型のノロウイルスが体内に入ってしまった場合、

潜伏期間はおよそ24時間から48時間。

 

しかし、新型ノロウイルスは少量でも

症状が現れる傾向にあり、

短くて十数時間で症状が表れる可能性もあります。

 

ですので、半日で下痢や嘔吐と言った

ノロウイルスの症状が出ても

「1日経っていないから別の原因」と

考えるのは危険なのです。

 

新型ノロウイルスの症状

従来のノロウイルス同様、

吐き気

下痢

腹痛

そして37度から38度程度の発熱です。

のろ2

http://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20151129%2F76%2F7213146%2F0%2F300x360x6dfdf9f928043c6555b3b837.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=rインフルエンザの場合は「熱っぽいな」

「寒気がする」から始まりますが、

ノロウイルスの場合は急に腹痛、

吐き気をもよおしてしまいます。

 

そして嘔吐物や下痢便には

大量のノロウイルスが含まれており、

空気を介して他の人に感染します。

 

乾いた嘔吐物を踏んでしまい、

靴からノロウイルスを拡散させて

集団感染になったケースもあります。

 

 

新型ノロウイルスの予防と対策は?

 

だからと言って、ずっと家に

引きこもっているのは得策とは言えません。

 

新型ノロウイルスとは言えども、

予防や対策は有効です。

 

 

新型ノロウイルスを予防するためには?

新型ノロウイルスの予防は、

旧来型のノロウイルス同様に

手洗いとうがいが何よりも大切です。

のろ3

https://www.pluswellness.com/check/wp-content/uploads/201510210232455626f94d09437.jpg

今では公共施設や駅、学校と水道は

完備されているので、まず施設の中に

入ったら手洗いとうがいをしましょう。

 

イソジンなどのうがい薬があれば良いですが、

なくてもしっかりうがいをすれば大丈夫です。

 

手洗いは、手のしわまでしっかり

洗うように心がけます。

 

新型ノロウイルスは、他の雑菌よりもかなり小さく、

手のしわにも余裕で入り込むことができます。

 

石けんをしっかりと泡立て、

指先と指の間を中心に洗いましょう。

 

また、スーパーの入り口でもよく見かける

アルコール除菌スプレーですが、

新型、旧来型に限らずノロウイルスは

アルコールは効きません。

 

有効なのは次亜塩素酸水です。

消毒液を買う場合は次亜塩素酸入りの

ものがおすすめです。

 

また、次亜塩素酸と次亜塩素酸ナトリウムは

別物ですが、新型ノロウイルス予防には両方

効果的です。

 

次亜塩素酸ナトリウムは過程で

作ることができます。

 

掃除用の漂白剤はスーパーや量販店、

100円ショップにも売られていますね。

のろ4

http://img.ponparemall.net/imgmgr/09/00107409/shohin/shohin_k-q/n2-00006.jpg?ver=1&size=pict200_200

この漂白剤を使って次亜塩素酸ナトリウムを

作ることができます。

 

材料

漂白剤

500mlペットボトル

 

ペットボトルに水を入れ、

25mlの漂白剤を入れます。

 

ペットボトルのキャップ5杯くらいです。

 

これで出来上がりです。

ただ、この次亜塩素酸ナトリウムは、

手洗い後の手指の殺菌には使わないでください。

 

手袋をはめ、布につけて便器や

家具などの殺菌に使います。

 

また、衣類もこの次亜塩素酸ナトリウム溶液に

つけておけば、衣服に付いた新型ノロウイルスを

殺菌することが可能です。

 

嘔吐の後の床掃除の場合は濃度を2倍にして

次亜塩素酸ナトリウムを作りましょう。

 

また、次亜塩素酸ナトリウムは時間が

経つにつれて効果が薄くなりますので、

作りおきなしないようにします。

 

 

魚介類はよく加熱して食べましょう

新型ノロウイルスも、旧来型のノロウイルスも

カキやホタテなどの二枚貝によく付着しています。

 

冬は鍋物が美味しい時期ですよね。

よく加熱して食べるには問題ありませんが、

生食は要注意です。

 

75度以上の熱で1分以上の加熱。

これが大切です。

のろ5

http://dakko.jp/medicine-info/images/img-medicine-info-20151113-01.jpg

 

 

Sponsored link