お肌

寒くなってきましたね。

毎日エアコンで暖房している人が

多いと思いますが、

ただでさえ乾燥しているこの季節、

エアコンの暖房でお部屋は

カラッカラに乾燥しているのではないでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

お部屋を潤わせることができるのは

加湿器だけではないんですよ。

ちょっとした知恵で

今年の冬はお部屋の乾燥から

お肌や喉を守りましょう。

 

なぜ乾燥するのでしょうか

それは空気中に含むことができる

水分量が温度によって違うことが原因です。

 

温度が高いとたくさんの水分を

含むことができるのですが、

逆に温度が低いと水分量は減ってきます。

(理科で学んだ『飽和水蒸気量』を思い出してください)

 

そもそも冬は気温が低いですから、

空気中に含むことができる水分量が少ないですよね。

お部屋をあたためると、

部屋の温度は上がりますから

空気中に含むことができる水分量は多くなります。

しかしエアコンは水分補給ができませんから、

実際の水分量は変わることがなく、

その結果湿度が足りなくなるわけです。

 

暖房器具がエアコンではなく

ストーブやファンヒーターなどであれば、

燃焼するときに水分も発生しますから、

乾燥は防ぐことができます。

ただ、こまめに換気をする必要はありますね。

 

乾燥するとなにがよくないのでしょう

適正な湿度は40%~60だと言われていますが、

40%を下回るとウィルスや菌が生息しやすい状態になります

また目やのどが乾燥することで免疫力が低下し、

風邪やインフルエンザなどの病気にかかりやすくなります。

(40%~50%以上になるとウィルスなどが死滅する確率は上がります)

 

その他、女性は特によく感じると思いますが、

『肌のカサカサ感』『肌が粉をふく』も

よく経験しているでしょう。

『唇が割れる』『唇の皮がむける』といったこともあるでしょう。

 

肌や唇から水分が奪われてしまい、

カサカサになり粉をふいてしまったり

割れたりしてお化粧ののりも悪くなってしまいます。

さらに、あのいやな静電気もおきやすくなりますから、

ドアノブなどでパチっとくることもありますよね。

 

乾燥を防ぐ対策は

まず、湿度計を準備しましょう。

正確さを追求しないようなら

100円ショップで売っているようなものでもOKです。

(思った以上に正確ですよ)

 

湿度の管理というとまず浮かぶのは『加湿器』ですね。

使い方によっては湿度を上げ過ぎて

カビの繁殖を促してしまうこともありますから、

十分に気をつけましょう。

くれぐれもタンクの水は

継ぎ足したりしないようにしましょうね。

 

他にも普通のご家庭にあるもので、

乾燥を防ぐことができるのでいくつか紹介します。

 

湿ったタオル、バスタオルを部屋にかけておきましょう。

まず、タオルで試してみてください。

一晩でカラッカラになっているようなら

かなり乾燥していますからバスタオルを使った方がいいでしょう。

 

お洗濯ものを部屋干ししましょう。

部屋干しするとにおいが気になる方も

いらっしゃると思いますが、

最近では部屋干し専用の洗剤や柔軟剤もありますから、

工夫してみましょう。

お部屋がいい香りになる上、

乾燥を防げるしお洗濯ものもしっかり乾きます。

 

観葉植物をお部屋におきましょう。

植物は葉から水分を蒸発させています。

緑がお部屋にあることでリラックス効果もあります。

お水をあげることを忘れないようにしましょうね。

それと窓越しの光も大切です。

 

霧吹きでスプレーしてみましょう。

 

ただの水だと雑菌が繁殖してしまうかもしれないので、

アロマオイルを数滴たらすとお部屋の香りも

よくなるのでお試しください。

また、お部屋の消臭スプレー(ファブリーズなど)を

カーテンにこまめに吹きかけるのもいいですね。

 

水を入れた洗面器やコップを置いてみましょう。

 

洗面器の水はこぼさないように気をつけないと

いけないですね。

狭いお部屋にはコップがいいでしょう。

一晩置いておくと、案外減っているものですよ。(それだけ乾燥しているということです)

 

フローリングの床なら拭いてみましょう。

汚れやほこりもきれいになるし、一石二鳥です。

 

寝る時にはマスクをしてみましょう。

 

これはお部屋全体ではありませんが、

《乾燥でのどが痛くなる》のを防ぐためには効果的です。

他にもお風呂のドアを開けておくというのをよく聞きますが、

お風呂周辺の湿度が高すぎてカビの原因になったりしますから、

開けておくときには空気を循環させる工夫が必要です。

 

以上、いくつかご紹介しましたが、

お部屋に合わせていくつか組み合わせてみるなど

工夫してみるのもいいと思います。

しっかり湿度を管理して快適な冬を過ごしましょう。

Sponsored link