年と歳

《年末と歳末》《年月と歳月》

《年神様と歳神様》など、

《年》と《歳》って何気なく使っていますが

どういう違いがあるのでしょうか。

元々の意味や使い方を少し調べてみたので紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

《年》について

読み方は〔ねん〕と〔とし〕があります。

読みによって使う場面が変わってきます。

〔ねん〕(名詞) 一年のことを意味します。

例 「昨年」「来年」など

(接尾語) ①年号や年数を表すのに使います。

例 「平成5年」「西暦1945年」など

②年齢や学年を表すのに使います。

例 「人生50年」「小学3年生」など

〔とし〕 ①時の単位 1月1日から12月31日までの12カ月間

(太陽暦では地球が太陽を一周する時間で、太陰暦では月が地球を一周する時間)

②年齢 例 「年を取る」など

③老齢 例 「もう年だ」など

④季節、時節

⑤穀物、特に稲のこと。また稲が実ること。

〔とし〕 元々は穀物を意味していました。一回の収穫に一年を要するので

それが転じて「年」を表すようになったといわれています。

また、〔とし〕と読むときには《歳》と同じ意味になりますから

《年》と《歳》のどちらを使っても間違いではありません。

 

その他よく使われることば

〔ねん〕「年に一度の~」「○年ぶり」「年末」など

〔とし〕「年が明ける」「年の初め」「来年はいい年でありますように」など

 

《歳》について

読み方は〔さい〕と〔とし〕があります。

この字も読み方によって使う場面が違います。

〔とし〕は《年(とし)》と同じ意味なのでどちらを

使っても間違いではありません。

 

〔さい〕 年齢、年数を数えるのに使います。

例 「60歳」「数えの65歳」「満32歳」など

 

年齢を書くときに《才》という文字を使うことがありますが、

これは手間を省くための略式の文字です。

《歳》と書くが正式なのですが、

画数が多く書くのが面倒なので同じ音を持つ

《才》が多く使われています。

《才》は《歳》とはまったく意味が違いますから、

面倒でも年齢を書く時には《歳》と

書くように心がけた方がいいですね。

 

ちなみに…

《才(さい)》 ①生まれつきの資質 「天才」「秀才」など

②頭のはたらき  「才知にたけている」など

③木材の体積の単位

④石材の体積の単位、船の積み荷の容積

「石(こく)」の10分の1

共通の意味は見つかりませんよね。

ちょっとした豆知識でした。

 

ちょっと話はそれましたが、

《歳》〔さい〕と読むときには

単独で用いられることがなく、

常に複合語の一部として使われます。

 

例 「歳末」「歳月」「歳費」などです。

 

《ねんげつ》と《としつき》と《さいげつ》

どういう使い方をするのか、

ちょっと紛らわしいものを選んで調べてみました。

 

《さいげつ(歳月)》 としつき、年月

《ねんげつ(年月)》 としとつきと、としつき、光陰、幾年もの期間

《としつき(年月)》 としとつきと、つきひ、多くの歳月、年来、年頃

 

期間の感じ方だけで考えると、

同じ漢字を使う《ねんげつ》と《としつき》ですが、

《としつき》より《ねんげつ》の方が

期間を長く感じられるようです。

また、《さいげつ》を多く重ねると

《としつき》になるようですから、

《さいげつ》<《としつき》<《ねんげつ》の順に

期間を長く感じられる言葉になっているようですね。

個人的には《さいげつ》が一番長く感じるのですが。

なんとも頼りないですが、

結論はどれを使っても自分の感覚で

使って大丈夫だということでしょうか。

 

《年》と《歳》、同じ《とし》の読みではどちらでも使えますが、

他の読みのときには使い方が異なりますから、

しっかり考えて使うようにしましょう

Sponsored link