毎日鏡を見ていても、

ある日ふと気づくほうれい線の存在。

これさえなければ、あと5歳は若く見えるのに…

なんて恨めしく思うことありませんか?

なにも歳を重ねたからできるというわけではないんですよ。

若い人にもできるんです。

そこにはそれなりの原因があるのです。

スポンサードリンク

今回はその原因を探り、

困りもののほうれい線を消してしまう

簡単エクササイズや治療法を紹介していきます。

 

なぜほうれい線ができるのでしょう

ほうれい線ができる原因は

若い人と歳を重ねた人とでは少し違いがあります。

まずは若い人にできるほうれい線の原因を探ってみました。

 

若い人にできるほうれい線は、

肌の浅いところのトラブルが原因であることが多いようです。

具体的には《肌の乾燥》《紫外線による肌のトラブル》

《まちがったスキンケアの方法》

《急激なダイエットによる肌のトラブル》などがあげられます。

どれも気をつけていれば防ぐことができますね。

 

ところが歳を重ねた人のほうれい線の原因は、

肌の表面ではなく少し深いところのトラブルが原因なのです。

真皮といわれるその部分は、

コラーゲンやエラスチンといった線維が

網目のようになり肌の弾力をキープしています。

加齢や紫外線の影響によって

その真皮層の性質が変わってしまい、

たるんだり乾燥したりしてほうれい線の原因となるのです。

また、顔の表情筋の衰えや皮下脂肪の増加に

耐えきれずたるんでいくということもあります。

 

もちろん若い人も歳を重ねた人も

共通の原因もあります。

肌の乾燥や紫外線の影響はどちらにもありますよね。

しかし、歳を重ねた人は

そのトラブルの期間も長いわけですから、

若い人の原因よりもいっそう深刻な原因になってしまっています。

 

その他、生活習慣なども原因になります。

《睡眠不足》《暴飲暴食》《喫煙》などです。

《肩こりや首こり》は血行やリンパの流れが悪くなり、

顔や頭にリンパ液や血液がたまることでむくみを引き起こします。

それによってまぶたや頬が下にたれ、

ほうれい線が目立ってくるということもあるのです。

 

とりあえず若い人たちは、

紫外線を防ぎ、肌の保湿を欠かさず、

肩こりなどを感じないような生活を心がけることができれば、

ある程度は防ぐことができるでしょう。

歳を重ねた人たちは、

コラーゲンやエラスチンを強化する

エイジングケア用の化粧品を使ったり、

表情筋の衰えを防ぐエクササイズをやってみましょう。

 

また、興味がある方は

ヒアルロン酸の注入という方法もありますので、

あとで少し触れようと思いますが、

やっていただくお医者さんの技量や経験に

大きく左右されるという体験談もありますから、

事前調査をしっかりとやってから臨まれるといいでしょう。

 

ほうれい線に気づいたらやるべき簡単エクササイズ

時間もお金もかからず、

とても簡単なエクササイズを紹介します。

若い人もそうでない人もきょうから

さっそくできるくらい簡単です。

 

【1】舌まわしエクササイズ

口は閉じた状態で、唇の裏と歯ぐきの間を舌でなぞります。

時計回りと反時計回りを交互に3~5回ずつやりましょう。

 

【2】歯ブラシエクササイズ

①歯ブラシの毛の方を下にして口にくわえ、口をすぼめます。

②ゆっくり息を吸い込んで8~10秒キープします。

③息を吐き、リラックスします。

④①~③を数回繰り返します。

⑤歯ブラシの背の部分でほうれい線の

裏側を上から下へ伸ばします。(3~5回程度)

 

  • 舌だしエクササイズ

 

  1. 少し上を向いた状態で、舌で上あごを押します。
  2. 押す場所は歯の生え際から5mm程度内側です。

指1本分くらい口を開けて、10秒間押したあと5秒休みます。

これを3~5回繰り返します。

  1. 舌を上下に出します。

舌を思い切り前に出し、上に向けて5秒、

下に向けて5秒突き出します。

これを3回繰り返します。

  1. 舌を斜め下に出します。

右斜め下、左斜め下にそれそれ5秒ずつを

3回繰り返します。

 

どうですか?これなら簡単でしょう?

時間もいらないし、テレビを見ながらでもできますよね。

きょうから挑戦してみてください。

いっぺんに全部やる必要はないですよ。

できることからやってみましょう。

 

ヒアルロン酸注入の効果

人によって効果の出方に差はありますが、

比較的短期間で効果があらわれるといわれています。

しかし、持続期間が3ヵ月から半年と言われていますから、

だいたい3ヵ月ごとに注入を続けないといけないわけです。

経済的なことも考慮しておきましょう。

費用は1本で4~5万円と考えておけばいいでしょう。

 

先ほども触れましたが、

医師の技量や経験によって効果が左右されることがありますし、

同じ医師でもうまくいくときとそうでないときがあるという

体験談もありますから、

かなり慎重にクリニックを選らばないと安心できないでしょう。

ひどい例としては血管にヒアルロン酸が入ってしまい

血流が滞って皮膚が壊死してしまったということもあるようです。

ほうれい線ができる辺りは血管がたくさんあり、

注入の量によっては血管を圧迫することで

血流が悪くなるリスクが高いことも知られています。

うまくいけば効果はすぐにあらわれますので、

しっかりとしたクリニックを選ぶことが大事です。

 

誰だって老けて見られるのはうれしくありませんよね。

簡単にできるエクササイズやストレスをためない生活習慣、

肌のケアでまずはほうれい線をやっつけてみましょう。

Sponsored link