梅の見ごろっていつ??

やっと寒い時期も終わりに近づき、

春を感じられるようになってきた今日この頃ですが

そろそろ梅の時期になってきますね。

春といえば桜と思われがちですが

桜のひと足先に春の訪れを知らせてくれる花があります、

それは梅ですね。

スポンサードリンク

桜というほど華やかな存在とは言えないかもしれませんが、

春を感じる風物詩の一つですよね。

桜というと目に飛び込んできて、

その辺にあってもすぐわかりますが、

梅ってどこで見られるの?なんて思う方もいるかもしれません。

梅の見ごろといわれるのが2月の中旬から3月までの期間です。

その期間はたくさんの梅が花を咲かせ私たちを癒してくれます。

 

どこに行けばみることができる?

そんな方は茨城県にある偕楽園を訪れてみてはいかがでしょうか?

毎年たくさんの人でにぎわう日本三大名園ひとつである偕楽園、

ちょうど梅の見ごろの時期である

2月の下旬から3月の下旬には梅祭り

というイベントが開催されているのです。

園内には約100種類3000本もの

梅の木が植えられていて毎年時期になると

全国からたくさんの観光客が訪れています。

偕楽園は水戸藩第9代藩主徳川斉昭によって

造園され民と偕(とも)に楽しむ場にしたいという願いから

偕楽園と名付けられました。梅が有名ではありますが、

桜やつつじ、萩もきれいに咲き、園内を彩っています。

入園料金はなんと無料!

無料でたくさんの梅を鑑賞できるなんて魅力的ですね。

 

偕楽園の梅まつり!

毎年偕楽園で行われる梅祭りでは野点茶会やひな流し、

撮影会などのイベントも開催され楽しい時間を過ごすことができ、

梅を鑑賞したりイベントで盛り上がったりできます。

夜梅祭というイベントでは一夜限りの

素敵な梅の鑑賞をすることができるのですが、

キャンドルで梅が咲いている広場全域を

ライトアップし現像的な空間を目にすることができます。

花火もあがり夜の梅の鑑賞を一層盛り上げてくれるのです。

 

どうやって行けばいい?穴場の駐車場などはある?

偕楽園はアクセスも良く、水戸駅から専用のバスが出ています。

駅から240円で偕楽園まで行くことができますよ。

常磐線も期間限定で偕楽園駅が開設されています。

東京方面から来た際にはすぐ近くまで

電車で行くことができるので便利なのですが、

水戸方面からくる常磐線は止まらないので注意が必要です。

車での場合でも偕楽園の周りにはいろんなところに

駐車場がありますので心配いりません。

偕楽園のすぐ近くには500円で駐車できる場所があります。

少し距離はありますが、穴場なのが

千波湖の駐車場です。

少し狭いと感じられるかもしれませんが、

無料で駐車することができますよ。

もちろん偕楽園付近や駅付近にもコインパーキング

なども完備されていますので車でいらした場合も

問題なく偕楽園に行くことができます。

通常であれば無料の駐車場が梅まつりの時期は

有料という駐車場もありますので注意してくださいね。

 

混雑する??

梅の開花が本格的になる3月は

大変混雑することがありますが、

2月中はそれほど混雑することはありません。

3月に訪れる際には時間が早いほど混雑しないので

早めに出発することをお勧めします。

偕楽園は朝6時から開園していますので、

早めに出ても問題ありません。

全国からたくさんの人が訪れますのでお昼頃になると

混雑してきます注意が必要です。

混雑時の土日祝には偕楽園周辺が大変込み合い

駐車するのにも時間がかかることが予想されますので

平日のほうがゆっくり鑑賞できるでしょう。

 

まとめ

 春の風物詩梅を手月に干渉することができ、

たくさんのイベントで楽しむことができる偕楽園は

たくさんの人に愛される憩いの場所です。

ぜひ春の訪れを感じに偕楽園の梅まつりに訪れてはいかがですか??

Sponsored link