平成27年6月12日から、

食品衛生法に基づいて、

牛肉や内臓に続いて豚のお肉や内臓も

生食用の販売や提供を禁止することになりましたが、

ご存知ですか?

スポンサードリンク

 

牛レバーが禁止されてから

豚レバーを提供するお店もありましたが、

厚労省がそのリスクを考えて決定したものです。

では、豚肉や内臓を食べることには

どんな危険があるのでしょうか。

 

豚肉や内臓を生で食べることの危険

まず、豚に限らず食肉には

食中毒を起こす危険のある菌が

付着している可能性が大きいです。

 

それは、飼育やとさつの過程で

起こりうることなのです。

もちろんそれだけではなく、

加工や保存の間も危険があります。

 

具体的には《食中毒菌》

《寄生虫》それにE型肝炎ウイルス》への

感染や発症の危険です。

このうち《食中毒菌》については

次の項目で少し詳しく書きたいと思います。

 

《寄生虫》に関して、

海外では生食により《有鉤条虫》が体内に入り、

そのあと血流にのって脳に達し

そこで寄生して大変なことになったという

報告もあるようですが、

日本ではいまのところそういうことは起きていないようです。

 

《E型肝炎ウイルス》も怖いですね。

肝炎ウイルスの中で唯一〔人獣共通感染症〕と

認識されているものです。

感染した場合、

特に若い人は症状があらわれないことが

多いとされています。

肝炎を発症した場合の症状は

A型肝炎によく似ていて、

黄だんを伴うことが多いです。

 

【潜伏期間】は平均6週間です。

(倦怠感や食欲不振などの症状が

先にあらわれることもまれにあります)

 

【症状】は〔発熱〕、〔悪心〕・〔腹痛〕

また肝機能の悪化により黄だんがあらわれます。

大半は安静を保つことにより治りますが、

まれに劇症化するケースもあります。

 

E型肝炎の特徴として、

妊婦が感染すると劇症化しやすいという

報告があります。

 

また、患者の年齢については、

いろいろな調査の結果、

中高年男性の病気と考えられるようです。

また、高齢者ほど重症化しやすいとされています。

 

食中毒の症状

食肉や内臓には『食中毒菌』があります。

それらは加熱によってほとんどが死滅します

(すべての菌が死滅するわけではありません)から、

食中毒を引き起こすことは頻繁にはありません。

しかし加熱が十分でなかった場合、

また生で食べてしまった場合には

食中毒の危険がいっぱいになるわけです。

 

なかでも生の豚肉などを食べることによって

食中毒をおこす食中毒菌は

『サルモネラ菌』『カンピロバクター』です。

では、この菌がおこす症状を簡単に紹介しておきましょう。

 

『サルモネラ菌』

鶏卵がよく知られていますが、

他にも食肉(牛肉、豚肉、鶏肉など)に

よっても食中毒があらわれることがあります。

 

【感染経路】は経口感染、【潜伏期間】は半日~2です

【初期症状】は〔吐き気〕と〔ひどい腹痛〕です。

その後、〔発熱〕や〔下痢〕・〔嘔吐〕の症状が出てきます。

 

健康な人の場合、一週間程度で症状はなくなりますが、

その後もしばらくは便から菌が排出されますから、

周りの人に移さないように気を配りましょう

 

『カンピロバクター』

【感染経路】はサルモネラ菌と同じで

経口感染、【潜伏期間】は1日~7です。

 

【初期症状】は〔下痢〕〔嘔吐〕〔発熱〕で、 のちに〔頭痛〕や〔血便〕があらわれることもあります。

健康な人の場合、一週間程度で症状は治まりますが、

免疫力が衰えている人や持病がある人は合併症の危険もありますから、

特に注意しましょう。1000人に1人の割合ですが、

神経疾患である〔ギランバレー症候群〕などの

重篤な合併症を引き起こすこともあります。

 

予防するには

これはもう明らかに

【生で食べないこと】がまず挙げられます。

その他、調理するときの注意もあります。

 

十分に加熱すること

中心の温度が75℃で1分間以上加熱することです。

ハンバーグなどひき肉を使う場合は特に気をつけましょう。

 

調理の際、生肉を扱ったあとの包丁やまな板はしっかり洗ってから、

次の調理に入りましょう

しっかり洗えていないと、

残った菌が調理器具を介して

生野菜などへの二次感染につながることもあります

 

以上3つの簡単なことを最低でも心がけて調理するだけで、

豚肉をおいしくいただけるのです。

 

栄養も味もすぐれている豚肉ですから、

決まりをしっかり守ってじょうずに調理していきましょう。

 

Sponsored link