立春が過ぎ、暖かい春が待ち遠しい日々になってまいりました。

春と言えばお花見の季節ですね。

桜のお花見もよいですが、

桜が終わる頃に満開になる芝桜のお花見に出かけたことはありますか?

芝桜のお花見で有名なのは、

秩父の羊山公園です。

2016年の芝桜の見頃はいつでしょうか?

情報を調べてみました。

スポンサードリンク

 

芝桜の開花予想について

 

桜の開花宣言があり、

お花見の季節が始まるといよいよ春本番で、

街行く人の服装もだんだん薄着になって、

軽やかな雰囲気が漂い始めますが、

実は桜、ソメイヨシノのお花見の頃は、

まだ肌寒かったり、時には春の嵐などに見舞われ、

お花見したくてもぶるぶる震えてしまうこともありますよね。

 

そんな桜の花見が終わったぽかぽか陽気の頃に

楽しめるのが芝桜です。

芝桜のお花見で有名なのは秩父にある羊山公園ですが、

2016年の今年の見頃は例年のことながら、

4月中旬から5月上旬でしょう。

 

ソメイヨシノの開花予想はテレビなどでも

大々的に取り上げられますが、

芝桜は開花してからニュースになりますよね。

だいたい関東でソメイヨシノが散った後から、

ゴールデンウィーク頃までが見頃になっています。

 

羊山公園の混雑について

 

芝桜で有名な秩父の羊山公園は、

見頃の季節は100万人以上の観光客が訪れると言われているので、

その混雑ぶりは相当なものなのです。

ですので、車などで向かった場合は渋滞にはまってしまいますので、

車は避けた方がよいかもしれません。

 

地元の方は芝桜の花見時期は車を使わないと言われていますので、

それはかなりの混雑ですよね。

 

特にゴールデンウィークは予想を超えるような観光客が多く訪れるため、

秩父駅も人出が普段の何倍にもなりますので、

レッドアローなども満席です。

 

指定席を取ってない場合、

帰りが遅くなってしまうこともあるのです。

私も仕事で秩父に行った時、

このお花見季節と被ってしまい、

泣く泣く普通列車で東京に戻った経験があります。

レッドアローに乗れないとかなりのタイムロスですよね。

 

羊山公園に向かうアクセス方法

 

ところで、

渋滞にはまらず車で羊山公園に向かう良い方法はないのでしょうか?

 

公園内の駐車場は

4月25日以降のシーズン中は観光バス駐車のために

規制がかかり駐車できないので注意が必要です。

 

もし車で向かう場合は、朝早く出発して早々に到着、

そして近所の駐車場に停めることがよいと思いますが、

できたら電車で向かうのがよいような気がします。

 

その場合は事前にレッドアローの切符は予約した方がよいですよね。

天気が良ければ秩父駅から歩いても

1.5キロですので散歩がてら歩くのも季節柄よいかと思います。

是非今年の春は、秩父の羊山公園で芝桜のお花見を楽しんでください。

 

《羊山公園への電車での行きかた》

西武秩父駅から徒歩1.5キロ、西武鉄道横瀬駅から徒歩1.4キロ

 

《芝桜の丘の入園料》

一般300円(中学生以下無料)※お花の見頃期間が有料です。

 

参考URL

http://navi.city.chichibu.lg.jp/p_flower/1866/

Sponsored link