2016年春のセンバツ高校野球大会の

出場校が発表となりました。

 

東北地方から出場するのは青森山田高校です。

 

今回は、注目株である青森山田高校

センバツメンバーの出身中学校を紹介します。

スポンサードリンク

 

スタメン発表はまだということで昨年の

明治神宮大会でのスターティングメンバーとなります。

 

1.青森山田高校野球部の出身中学校は?

 

打順 守備 名前 学年 出身中学校
1 内山昴思 3 平川市立平賀東中
2 相坂大真 2 青森市立横内中
3 村山直也 3 埼玉県上尾市立立石南中
4 三森大貴 3 私立青森山田中
5 斉藤孔明 2 私立青森山田中
6 荒井裕也 3 宮城県大崎市立三本木中
7 工藤飛馬 2 黒石市立東英中
8 漆館伊皇 3 十和田市立東中
9 眞田優摩 3 神奈川県寒川町立旭が丘中

 

県外の選手が数人はいるものの、

県内出身の選手が多いことが分かります。

 

2.青森山田高校の注目選手は誰?

 

三森大貴

 

右投 左打 178cm 62kg

 

高校生遊撃手としてナンバーワンを争うほど

注目されている選手です。

 

オープンスタンスの豪快な構えと肩に置いたグリップから

バットを立て、高速のヘッドスピードで力みのない

軽やかかつ力強いスイングが持ち味です。

 

そして、塁間を3.9秒で走りぬける脚力は一目瞭然。

 

昨年に大注目株となった、平沢大河と肩を並べるほど

将来有望な選手で、走攻守三拍子揃った実力が

センバツでも期待されており、スカウトも注目をしています。

 

しかし、平沢大河と比べるとパワーが劣るため

アベレージヒッターとして見られておりますが、

スピードはゆうに超えているため、あとはパワーに期待しています。

 

昨秋よりも一冬を超えて、パワー・スピード・守備と

全てがワンランクもツーランクもアップしていることを

多くのスカウトは期待していることでしょう。

 

村山直也

 

右投右打 166cm 67kg

 

正捕手として大活躍する、頼れるチームの大黒柱です。

 

持ち味は正確無比な送球と、投手の良さを引き出すリードの良さです。

 

スタンススクエアで、グリップは肩の近くに置きあらかじめ

引いておくことにより無駄を省く打撃です。

 

小さいながらパワーも期待でき、捉える上手さは

チームからの信頼も熱いようです。

 

走力よりも守備力の魅力が溢れており、

取ってからの速さと正確さは盗塁を許しません。

 

しかし、キャッチングで球をこぼす場面が多かった秋、

それがセンバツでは修正されていることを期待しましょう。

 

3.青森山田高校をご紹介

 

1918年の創立されて以来、

錦織圭やサッカー日本代表の柴崎岳などを

輩出した有名な高校です。

 

甲子園の常連校としても有名であり、

毎年多くの注目選手がいます。

 

昨秋でも、敦賀気比と良い試合をするなど

現在大注目の高校となっております。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

毎年、有望な選手が多い高校であるこの

青森山田高校ですが、センバツでついに見れますね!

 

走攻守三拍子そろった四番の三森を中心に

昨秋ではエースではなかった堀岡隼人は

この冬を超えてどこまでパワーアップしているのでしょうか?

 

元々185cmという長身から潜在能力は秘めていたことでしょう。

この春センバツでの青森山田高校の試合に期待をしましょう!

Sponsored link