筍(たけのこ)のあく抜きと保存方法!おすすめ簡単レシピをご紹介!

・筍のあく抜き方法

 米ぬか、なければ米のとぎ汁、赤唐辛子(2~3本)を使います。

できるだけ鍋の大きさにあった小ぶりの筍を丸ごと茹でると、春の風味がたっぷり詰まった筍が

できます。

スポンサードリンク

1. ひらひらした皮だけ剥ぎ取って、土などが着いている場合は、タワシで軽く洗います。

鍋が小さい場合は2分割、4分割します。 竹皮には風味が多くあるので、竹皮の風味を

捨てずに竹の子に多くしみこませる為、皮は剥かずに、頭を斜めにカットします。

2. 筍は中に小さな空洞があるので、火の通りを良くするため縦に少し切り込みを入れます。

手で少し切り口を広げ、ゆで汁がしみこみやすくします。

3. 大きい鍋に、筍がかぶる位、水をたっぷり入れ、米ぬかを一握りと、赤唐辛子を2~3本入れ、

沸騰するまで強火にかけます。米ぬかがない場合は、米のとぎ汁でもOKです。

4. 沸騰したら落し蓋をして弱火で約1時間ほど茹でます。

5. 竹串を刺してみて中まで入ればOKです。火を消し、一晩そのまま置きます。

6. 茹で汁が冷えたら、皮を剥いて水洗いして、あく抜きの終了!

・筍の保存方法

筍は生のままおいておくと固くなり、えぐみが増します。保存する場合は必ず、上記のように

下茹でをしてあく抜きをしましょう。

 

・あく抜き後、水に浸して密封容器に入れ、冷蔵庫で保存します。時々水を入れ替えれば、10日位

持ちます。

・水煮を買ってきたときは、水を張った容器に移し替えて冷蔵庫で保存します。賞味期限内に食べ

きってください。

・食物繊維が多いので、冷凍保存には向きません。解凍するとベタベタになり、食感も風味もかなり

落ちてしまいます。

 

・筍のおすすめ簡単レシピ

筍ご飯

<材料> 4~6人分

ゆで筍 1本

米 3合

油揚げ 1枚

☆水 カップ2+1/4 、薄口しょうゆ 45ml 、酒 45ml

塩 小さじ1弱

 

1. あく抜きした筍を、繊維をたつように、2㎝幅位に切ります。やや厚めに切ると食感も

いいです。

2. 米は洗い、ヒタヒタの水に15分間浸し、ざるに上げてさらに15分間ほどおく。

3. 油揚げはフードプロセッサーにかけて細かくします。熱湯をかけてきつく絞って油抜き

をします。米粒となじむようにごく細かくすると、たけのこの食感が際立ちます。

包丁で刻んでもいいですよ。

4. 炊飯器に2の米と☆、3の油揚げを入れて軽く混ぜ、水加減をします。そして水で洗った

1の筍をのせて普通に炊きます。

5. 炊きあがったら全体をほぐし、器に盛ります。

 ★若竹煮

 

<材料> 4人分

ゆで筍 (中ほどの部分) 2本分(500~600g)

わかめ (塩蔵) 60~80g

☆だし 3カップ 、酒1/4カップ、みりん 大さじ1、薄口しょうゆ 大さじ1

昆布 10g

かつお節 (削り節) 20g

1. 筍は繊維が細ければ半分に切って四つ割りに、繊維が太ければ、回しながら7mm厚さの

乱切りにします。

2. わかめは水に浸して塩出しをし、湯でサッとゆでます。湯をきって一口大に切ります。

3. かつお節はガーゼで包み、しっかりと口を縛っておきます。

4. 鍋に1の筍、☆の材料、昆布を入れて火にかけます。

5. フツフツと煮立ってきたら、3のかつお節を加え(追いがつお)、弱火にして少し煮てから

火を止め、そのままおいて味を含ませます。

6. 昆布と追いがつおを取り出し、2のわかめを加えて火にかけ、十分に温かくなったら、

筍とわかめを器に盛り煮汁を注いで完成!

Sponsored link