土用の丑の日2015はいつ?うなぎの由来とは?

うなぎといえば土用丑の日。2015年の土用丑の日は、7月24日(金)と8月5日(水)だそうです。でも、どうしてこの日にうなぎを食べるようになったのか、不思議じゃないですか?それに、土用丑の日に食べるといいものはうなぎだけなのでしょうか?

そもそも《土用丑の日》っていったいなんなのでしょう。

 

スポンサードリンク

 

暦のお勉強

まず《土用》っていったいなんのことなのでしょうか。暦に関係ある言葉なんだろうなっていうのはわかると思いますが、これは古代中国の五行説とか五行思想という自然哲学の思想からきているものなのです。

五行とは《木(春)》《火(夏)》《金(秋)》《水(冬)》そして《土》です。あれ?《土》だけ当てはまる季節がありませんね。ということで《土》は各季節の変わり目に当てはめられたのだそうです。

この季節の変わり目の《立夏》《立秋》《立冬》《立春》の直前18日間ずつを

《土用》といい、その最初の日を《土用の入り》といいます。

そして《丑の日》とは、十二支が《丑》の日ですから、《土用丑の日》とは

《土用》の期間の中で《丑の日》に当たる日をいいます。土用は18日間ありますから、その間に《丑の日》は1回か2回あるわけです。

最初に2015年の《土用丑の日》を2日書いていますが、これは一般的によく知られている《夏の土用丑の日》です。もう終わってしまいましたが、《冬の土用丑の日》は1月13日(火)と1月25日(日)でしたし、もうすぐ来る《春の土用丑の日》は4月19日(日)と5月1日(金)、《秋の土用丑の日》は10月28日(土)です。

 

うなぎは好きですか?

《土用丑の日》にうなぎを食べるというのは、よく知られています。でもどうしてうなぎを食べることになったのでしょうか。

万葉集の短歌の中にも詠まれているくらいですから、栄養価が高いというのは奈良時代から知られていたのでしょう。

しかし、今のように《土用丑の日》にうなぎを食べるようになったのは、江戸時代からです。夏にうなぎが売れないのでなんとかならないかとうなぎ屋さんから相談された平賀源内という人(この人はとても博識、多才な人だったようです)が《本日、土用丑の日》と書いて店先に貼っておくといいとアドバイスしたところから始まったという説が一番よく知られていますね。ほかにもいろいろな説があるようですから、興味がある方は調べてみてくださいね。

この日に食べるといいものはうなぎだけではないんですよ。《う》のつく食べもの…たとえば《うり》《梅干し》《うどん》などです。それぞれに訳があるようなので、これも興味があったら調べてみてください。

ちなみにですが、うなぎと梅干しは食べ合わせが悪いといいますが、これは根拠のない言い伝えだそうなので、一緒に食べてもいいようですよ。

 

関東と関西のうなぎの料理法の違い

どういうわけか静岡県あたりを境に料理法が違うようです。

まずは、さばき方です。関東は背開き、関西は腹開きですね。これは関東には武士が多くいましたから、切腹を思わせる《腹開き》を嫌ったという説がよく知られています。また、江戸時代の頃から関東にはたくさんの人が住んでいたようで、技術を要し手間のかかる腹開きでは短気な江戸っ子たちの要求に間に合わず、比較的簡単な背開きで対応するようになったという説もあります。関西では腹を割って話すということから腹開きになったという説がよく聞かれます。

次に焼き方です。関東は蒸してから焼き、関西は蒸さずに焼きます。これにもいろいろな説があるようですが、ちょっとおもしろいなと思ったのは、江戸っ子は見栄っ張りなので、蒸して形を大きく見せたという説です。有名な説は

短気な江戸っ子に対応するため、まず蒸しておいて注文が入ったらなるべく早く出せるようにしておいたというものです。一方関西は、焼きの技術でやわらかくする!!という職人気質な感じ…すてきですね。そして関西では《まむし》と呼ばれているうな丼は、ごはんの間にうなぎを挟むのでうなぎの蒲焼がごはんで蒸されてちょうどよくふっくらするそうです。

いずれにしてもあの匂いを思い出したら、土用丑の日でなくても食べたくなりますよね、うなぎ。

 

そういえば、うなぎの旬って冬だそうですよ。知ってましたか?

Sponsored link