タオルの臭いの原因は?お湯・重曹・電子レンジで解消!

原因は雑菌です。でも雑菌はどうやって洗濯ものについてしまうのか…疑問ですよね。お洗濯する前の洗濯ものの置き方やお洗濯そのもののやり方で雑菌が増えるのを防げるものなんですよ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

洗濯ものは

ついつい脱いでしまったあとはそのまま洗濯機の中に放り込みがちですが、それが雑菌を増やすことになっています。ずっとそれを続けていくと最初は匂わなかった洗濯ものもだんだんいやな匂いが気になりますからご注意。

洗濯機の中に放り込む前に、洗濯かごに入れて少し乾燥させましょう。そうすることで雑菌の繁殖を少しでも食い止めることができます。

また、お風呂の残り湯を使うと経済的だし、温度も少し高いので汚れ落ちがいいですが、残り湯はもともと雑菌がたくさんありますからなるべくなら避けた方がいいでしょう。きちんと洗濯したはずなのに、残り湯の雑菌が洗濯ものに残っているとそれが原因で匂うこともありますから、じゅうぶんに気をつけましょう。

 

タオルなどについてしまった匂いの元の雑菌は

ついてしまって臭いにおいの元になってしまった雑菌はやっつけてしまうしかありません。手軽にできる方法をいくつか紹介します。

1.熱湯殺菌

文字通り、熱湯で雑菌をやっつける方法です。75℃以上の熱湯に5分~10分つけます。そのあとは普通にお洗濯すると、臭いにおいはすっきりなくなるんです。ただ、この方法は75℃以上のお湯の確保が多少難しいことや、高温がダメなものや色落ちするようなタオルには残念ながら使えませんから、できるものが制限されてしまいますね。

2.重曹で煮洗い

これもお湯を使います。鍋にお湯を沸かし、重曹を大さじ1~3杯入れます。時々かき混ぜながら20分ほど弱火で煮ておしまい。そのあとは普通にお洗濯します。

はアルミ製ではなく(黒ずみの原因になるから)、ステンレス製にしましょう。

これも上記①と同じで、高温がダメなものや色落ちするものには使えません。

3電子レンジで殺菌

臭いにおいのする『綿100%の』タオルを『きちんと湿らせて』(でないと、レンジが発火などのトラブルがあるのでじゅうぶんに注意してください)軽く絞り電子レンジで1~2分あたためます。これでいやな匂いの元は除去できます。

4.粉末の酸素系漂白剤につけおき

40℃~50℃のお湯に酸素系漂白剤を指示通りに入れ、1時間ほどつけておきます。

そのあとそのままお洗濯すればすっきり。40℃以上のお湯でないと効果が出にくいので温度に注意しましょう。そして、漂白剤は液体のものは粉末のものより効果が弱いので、必ず粉末を使いましょう。

以上が比較的手軽にできるにおいの元になる雑菌をやっつける方法です。

 

その他にも気をつけたいこと

干し方も気をつけたいですね。干す時間はなるべく短くできるよう工夫しましょう。たとえば洗濯ものの間隔を少し広めに開けて風がよく通るようにするとか、室内干しのときには除湿乾燥機や扇風機を使って風を通すなどの工夫で、長時間湿った状態だと心配な雑菌の繁殖を少しでも抑えることができます。それによって臭いにおいも出にくくなります。

また、洗濯槽そのものがカビだらけだったり汚れている場合があります。酸素系漂白剤(粉末がいい)などを使ってこまめにお掃除しましょう。簡単にできますから、しっかり調べてから試してみましょう。

 

これからは、梅雨どきや冬の室内干しのいやな匂いから解放されたいですね。

Sponsored link