爪割れの原因は栄養不足?簡単な補修方法!

机にちょっとぶつけて割れる、縦にピキッと割れてしまう、2層3層に剥がれるなどの爪のトラブル。原因は栄養不足や貧血、乾燥肌、紫外線の影響それに病気が見つかることもあります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

爪が弱くなっている

ちょっとぶつけただけでもすぐに割れてしまい、それが度重なると普段の生活にも支障をきたしますよね。シャンプーするときに髪が爪にはさまって抜けてしまったり、ストッキングにひっかかったりと本当に困ってしまいます。

もしかすると原因は栄養不足かもしれませんよ。爪にだって栄養は必要ですから、割れやすくなっていると感じたらまず食生活を見直してみましょう。タンパク質やビタミンを多くとるようにしてバランスのいい食事を心がけましょう。

また、縦にピキッと根本まで割れている場合は、病気が原因かもしれませんから、早めに病院に行った方がいいでしょう。病気でなければクリームなどを塗って補修していきますが、治ってもまた割れていくようでしたら、やはり病気を疑ってみた方がいいでしょう。

ちょっと割れただけの場合は、シルクシート(シルクラップ)とパウダーで補修ができます。①ヒビが入ったところにシルクシートを貼ります。②レジンを塗ったあとパウダーを均等にかけます。②を2~3回繰り返したあと、③余分なところを削り、整えていきます。

 

肌が乾燥しやすい人や貧血の人は割れやすい

爪は皮膚が角質化したものですから、肌が乾燥しやすい人は爪も乾燥しやすい体質といえます。日頃からクリームを塗る、マッサージをするなど乾燥を防ぐ対策を取っておきましょう。

また、貧血の人、冷え性の人などは血行が悪く、爪に栄養分が届きにくい状態になっていますから、血行をよくするためにマッサージは大事ですし食事にも気を配りましょう。タンパク質やビタミン類は積極的にしっかり取るように心がけるといいでしょう。

意外なところでは、ストレスや紫外線の影響もあります。ふだんからしっかり対策をとっておきましょう。

 

健康な爪はきれいなピンク色

変形や変色は身体の病気の疑いがある場合や、爪の根元だけに障害が起きている場合もあります。色の変化で怖いものとしては黒くなる《黒色腫》もあります。これは早期の治療が必要ですので、見つけたらすぐに受診しましょう。

何気なく見ている爪ですが、健康のバロメーターにもなりますから、普段から注意して見るようにすることが大切です。

健康な爪はピンク色で表面がなめらかです。縦に筋が入っているのは、加齢によるものもありますが、健康状態が悪くなっていることが多いですから生活を見直すようにした方がいいでしょう。

 

ふだんから食生活など生活全般を健康的なものにできるよう心がけましょう。

 

Sponsored link