お彼岸とは?2015年はいつ?お供え物の簡単レシピ♪

煩悩と迷いの世界である「此岸(この世)」から、悟りの世界である「彼岸(あの世)」へ到達するため

に修行を行う期間で、お彼岸といわれるようになりました。

彼岸は春と秋と1年で2回あり、春分の日・秋分の日を中日(ちゅうにち)とし、前後3日を合わせた

7日間をいいます。

 

スポンサードリンク

 

 

春分と秋分は、太陽が真東から昇り真西に沈むので、西方に沈む太陽を礼拝し、この期間に仏様の

供養(墓参り)をし、感謝することで極楽浄土へ行くことが出来る、と考えられました。

祝日法でも春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」とされ、秋分の日は「先祖を敬い、亡き

人を偲ぶ日」と定められています。

●今年2015年のお彼岸はいつ?

春彼岸:彼岸入り3月18日(水)→中日 3月21日(土) →彼岸明け3月24日(火)

秋彼岸:彼岸入り9月20日(日) →中日9月23日(水)→彼岸明け 9月26日(土)

●お彼岸を迎える前に

仏壇、仏具のホコリを払い、きれいに掃除をしましょう。

お墓参りの際は、墓石の汚れをとり、拭いてきれいにしましょう。花受けや線香鉢もきれいにし、

墓石の周りも掃除しましょう。

●お供えものはどんなものがいい?

餅にあんこをまぶした「ぼたもち」をお供えします。

春は牡丹の花にちなんで「ぼたもち」、秋は萩の花にちなんで「おはぎ」ともいわれています。

また、果物・菓子などの他、精進料理の膳をお供えします。

先方様へ伺うときは「お香典」、またお供え品の「菓子」など、またお線香も一緒に届けるのが良いと

いわれています。

・香典袋の表書きは、四十九日の法要までは「御霊前」、その後は「御仏前」と書きます。

・菓子折りなどのお供え品には、のしをかけましょう。表書きは「御供」、水引は結び切りで、

色は黒白、または銀、地域によっては黄白を選びます。

●お供えものの「ぼたもち」簡単レシピ

【材料】(15~16個分)
・もち米 300g
・塩 小さじ1/2
・市販の粒あん500g

① もち米は水でよく洗い、ざるにあけて水けをきり、炊飯器に入れます。水420mlを加えて3時間以上おきます。塩小さじ1/3を加えてよく混ぜて溶かし、炊き上げます。 .炊き上がったら、すり鉢やボウルにいれて、粒が少し残るくらいにすりつぶします。
② ①のもち米を、濡らしたふきんの上に、へらなどで15~16個の等分にして丸めます。
③ ラップに粒あんを直径約6cmの大きさに広げ、②のもち米をのせ、絞るようにして包んで完成!
※粒あんとご飯は、3対2の割合が目安です。

Sponsored link