床屋さん

最近ちょっと話題になったので、ご存知の方が多いかもしれませんが、床屋さんと美容室(院)はぜんぜん違うものなんですよ。

最も大きな違いは、【カミソリを使って剃る】ことが許されているかどうかということです。また、カットに関してもなかなか厳しいというか、現代の生活にはちょっとそぐわないような決まり事があるんです。

 

スポンサードリンク

 

床屋さんはカミソリを使うことが許されています

床屋さんには理容師さんがいらっしゃるわけですが、この理容師さんについての法律は1947年(昭和22年)に【理容師法】というのが制定されています。これによると、理容師さんは《頭髪の刈込み、顔剃り等の方法により容姿を整える》とされています。ということで、カミソリで顔や髭を剃って容姿を整えることができるのです。一方美容師さんについての法律は1957年(昭和32年)に【美容師法】制定されました。美容師さんは、《パーマ、結髪、化粧等の方法により容姿を美しくする》業務を行うのだそうです。この法律によるとカットはできないことになりますよね。それで1978年(昭和53年)に当時の厚生省からの通達により、女性も男性もパーマする際に必要なカットはできるようになり、女性の場合はカットだけでも利用できるようになりました。しかしこの法律や通達によると、男性は美容室でカットだけをお願いするのはできないことになっているのです。もちろんカミソリで顔や髭を剃ってもらうこともできません。

 

床屋さんと美容室(院)どちらに行ったらいいの?

床屋さんは髪を切ってきっちりと整えたいときに、美容室(院)は繊細なカットや緩やかな仕上がりを望むときに利用するのがいいようですね。

床屋さんになるには理容師の専門学校などで勉強するのですが、そこでは【剃る】技術やカットの技術をしっかり学ぶそうです。一方美容師さんは【美】に関係する技術をしっかり学ぶそうなんです。理容師さんは設計図通りに仕上げる、美容師さんは設計をデザイン化する感じでしょうか。同じスタイルの写真を持っていくと、床屋さんと美容室(院)ではできあがりが違うといわれます。カットに対する考え方、捉え方が根本的に違うからでしょうね。

どちらを選ぶかは、自分が望むヘアスタイルが【きっちり】なのか【美】なのかを考えると答えが出そうです。

ただ、女性は髪を揃えたいからといってもなかなか床屋さんには入りづらいものですが、最近は顔のうぶ毛を剃ってもらいたい女性のために美容室(院)のような構えにしている床屋さんもあるようですよ。

ということで髪に対してのアプローチが違いますが

きっちりと仕上げる技術やカットについては床屋さんのほうが

向いていると思います。

サインポール

床屋さんの前で赤白青がくるくる回っている、あれのことです。

理容師さんの技術は欧米から教わったものです。その欧米では理容師さんは、戦争があったときには軍隊に従軍していました。そして、そういう時には外科医や歯科医の役割も果たしていたそうです。そこから《白=包帯・赤=動脈・青=静脈》というルーツで、床屋さんの前にあの【サインポール】が立つようになったそうです。

 

椅子も違います

床屋さんは《調髪⇒シャンプー》を主体とした業務からシャンプー台と施術台が一緒になったユニットチェア、美容室(院)は《パーマ、カラーリング⇒シャンプー》を主体とした業務からシャンプー設備と椅子は完全に独立しています。最近の床屋さんは仰向けでのシャンプーのところもあるようですが、床屋さんは下向き、美容室(院)は上向きというのが定番のことが多いですね。

Sponsored link