七夕の由来とは?なぜ笹飾りをするのか?折り紙での作り方をご紹介♪

7月7日は七夕(たなばた)ですね。古くから行われている日本のお祭り行事ですが、その由来

についてはいくつかあります。七夕の起源は?なぜ笹の葉に短冊を飾るのか?七夕の物語など、

調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

・七夕の由来

七夕は、「しちせき」とも読みます。一年間の重要な節句をあらわす五節句(※)のひとつにも

数えられていて、神祭を執り行う日とされます。

※五節句 ・1月7日 人日(じんじつ)七草粥を食べる習慣

・3月3日 上巳(じょうし)桃の節句、ひなまつり

・5月5日 端午(たんご)の節句、子どもの日

7月7日 七夕(しちせき)の節句

・9月9日 重陽(ちょうよう)の節句、菊の節句

 

七夕の由来は、次の3つの話が合わさって、現在の日本の七夕行事になったとされています。

 

1.「棚機(たなばた)」

昔、選ばれた乙女が着物を織って棚に供え、神様を迎えて豊作を祈ったり、人々のけがれを祓う

という行事をおこなっていました。

「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれたこの乙女は、機屋(はたや)にこもって神様のために心を

こめて着物を織りました。そのときに使われたのが「棚機」(たなばた)という織り機でした。

やがて仏教が伝わると、この行事はお盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるように

なりました。

 

2.七夕様の伝説(お子さんに読み聞かせしてもいいですネ☆)

夜空に輝く天の川(あまのがわ)の近くに、織姫(おりひめ)という娘がおりました。

織姫は機織り(はたおり)がとても上手で、神様たちの着るものを作っていました。

そんな織姫が成長したある日、天の神様がそろそろ織姫にも結婚してもらいたいと、お婿さん

を探し始めました。そして、川の反対側にいる牛飼いの彦星(ひこぼし)という働き物の若者を

見つけました。

織姫に彦星を会わせると、二人とも一目で好きになり、すぐに結婚することになりました。

天の神様も大喜びでしたが、すぐに困ったことになりました。

二人とも、一緒にいると遊んでばかりで、全く仕事をしなくなったのです。

「織姫が機(はた)を織ってくれないから、着物がボロボロだ」

「牛飼いの彦星が世話をしないから、牛がどんどん病気になっていく」

などと皆から文句が出て、天の神様はすっかり怒ってしまいます。

そして、天の神様は二人にバツをあたえることにしました。天の川をはさんで、二人をバラバラ

に引き離したのです。

彦星と離れ離れにされてしまった織姫は、毎晩毎晩、泣き続けました。さすがに天の神様も

可哀想に思い、年に一度だけ、7月7日の夜、彦星に会ってもよい、と許すことにしました。

その後、二人はそれぞれ7月7日を楽しみにしながら、一生懸命仕事に励むようになった、

というお話です。

 

3.乞巧奠(きこうでん)

古くから伝わる中国の行事、乞巧奠。織女星(しょくじょせい)=日本でいう織姫にあやかって

機織りや裁縫が上達するようにと、7月7日にお祈りをするようになりました。

庭先の祭壇に針などをそなえて、星に祈りを捧げます。やがて機織りだけでなく芸事や書道など

の上達も願うようになりました。

 

・願いをこめて飾る笹飾り

なぜ七夕の時、短冊に願いを書いて笹の葉竹に飾るのでしょう?

日本では昔、笹竹は昔から邪気を祓い神聖なものとされていました。笹は天に向かって真っすぐ

伸びる力強さに生命力を感じ、風に揺れるとサワサワという葉の音に精霊や神様が宿ると考え

られていました。

その笹竹に五色の織り糸を掛けたのが、七夕飾りの始まりといわれています。江戸時代に入ると、

一般の家庭でも玄関の前に七夕飾りを立てるようになりました。

始めは機織りや字が上達するよう短冊に願いをこめて飾っていましたが、この風習がもとになり

現在は多様な願いことを短冊に書いて飾るようになりました。

 

・古来から伝わる七夕飾り

一般的な七夕飾りは、笹の葉に短冊というイメージが強いですが、日本古来の七夕飾りはちゃんと

意味が込められた飾りがあります。

<紙衣>かみころも

着物の形をした飾りです。今では折り紙で折ることの多い紙衣。神様に捧げた衣、ということ

から笹飾りの一番上に飾られます。紙衣は、病気や災害の身代わりとして作られ、また女の子の

裁縫や機織りの上達を願うものでもありました。

<巾着>きんちゃく

金銭を入れて腰に下げていた財布です。巾着の口を、紐でしっかり結ぶ事で節約や貯蓄の心を

養います。お金が貯まりますようにと、また商売繁盛の願いも込められています。

 

<投網>とあみ ※網飾りともいいます。

漁で使う網を模した飾りです。海での大漁を願い、また海への感謝を表しています。

幸せを絡め取るという意味ももっています。

<吹き流し>

織姫の織り糸を象徴しています。笹竹に五色の織り糸を垂らしていたものを紙で模したのが、

現在の吹流しです。機織や技芸の上達を願う飾りです。

 

<折鶴>

鶴は千年にあやかって折鶴を飾ります。家族の健康と長寿、家内安全を願います。

 

<屑籠>くずかご

七夕飾りを作るときに出た紙くずを入れて飾りにします。

物を粗末にせずに、倹約し大切にする心を養います。

 

<提灯>ちょうちん

心を明るく照らしてくれますように、という願いが込められています。

 

・簡単☆折り紙で七夕飾りを作ってみよう!

※一般的な15㎝四方の折り紙を使う作り方です。ハサミも用意します。

 

<網飾り>

1. 折り紙を半分に(長方形になるよう)折ります。

2. さらに半分に折ります。

3. 長い辺の片側に、1cm幅位に切り込みを入れます。切り込みは1cm弱残すところまで

切ります。反対の片側も、先に切った切り込みの真ん中を切って同様に交互になるよう

切り込みを入れていきます。

4. 広げて、伸ばすと網飾りの出来上がり!

 

<提灯飾り>

1. 表にしたい面を上にして、折り紙の両端を1cm折ります。折った1cmは裏面が出ます。

2. 裏面が合わさるよう半分に折ります。

3. 2で折ったものを、折り目を上に横長の状態にし、表面の部分に縦に1cm幅で切り込みを

入れます。

4 広げて、切り込みが縦になるよう丸め(折り目が外側に出るように)テープ上下にとめて

出来上がり!

Sponsored link