5月病

五月のゴールデンウィークが終わる頃になると発症することが多いといわれる【五月病】ですが、なにが原因でどういう症状があると心配なのでしょうか。そして、【五月病】と思われる症状があると思ったらどうしたらいいのでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

【五月病】っていったいどんなものなのでしょう

たいていは一過性の心身の不調で、1~2ヶ月くらいで自然と環境に慣れてきて、症状がよくなるといわれている『適応障害』です。

大まかにいうと、新しい環境に適応できないことが原因で起こります。日本ではほとんどの会社や学校は4月から新しい年度が始まり、新入社員や新入生などは環境に大きな変化があります。新しい仕事や勉強に意欲的に取り組んでちょうど1ヶ月経ったゴールデンウィーク明け頃に、がんばりすぎた心が悲鳴をあげてしまう、これがいわゆる【五月病】といわれるものです。

 

こんな症状があったら気をつけましょう

気になる症状はありませんか?チェックしてみましょう。

・人との関わりが億劫で面倒くさい

・周りに気を使いすぎる、空気を読みすぎる

・くよくよ悩むことが多い

・生活リズムが夜型になり、じゅうぶん睡眠が取れていない

・朝、目は覚めるがベッドからなかなか出られない

・服装や身だしなみに気を使うのが面倒で、だらしなくなってきた

・食事に関心がなくなり、適当にすませるようになってきた

・通勤通学途中や前後に頭痛腹痛や動悸めまいなどの体調不良がでる

・仕事のミスが増え、効率が落ちてきた

・いつも読んでいる雑誌やテレビ番組を見なくなった

半分以上に当てはまるようなら、少し気をつけた方がいいかもしれませんね。

気分転換するなどストレスをためない努力をしましょう。

また、こんな人は【五月病】になりやすいタイプといわれていますから、要注意ですね。

まじめすぎる人がんばりすぎる人几帳面な人完璧主義の人責任感が強い人内向的な人周りをとても気にする人過保護に育てられた人などです。もちろんこういう傾向の人がみんな【五月病】になるというわけではありませんが、注意するにこしたことはありません。

 

対応策、予防法

大きく4つのことに気をつけてみましょう。

①コミュニケーションを取ることです。

ひとりで問題を抱え込むのはよくありません。人と関わるのが億劫になる前に、周りの家族や友人などに話を聞いてもらいましょう。意見など求める必要も結論を出す必要もないのです。ただとにかく話を聞いてもらいましょう。(逆の立場のときには話を否定せず、とにかく聞いてあげてください)

②睡眠をきちんと取りましょう

そのためには生活リズムを整えることが大事です。ゴールデンウィークなどの長いお休みのときにはとかくだらだらしがちですが、いつもと同じ時間に寝起きしましょう。寝る前にパソコン、スマホを見るのはやめましょう。

③食事に気を配りましょう

食事の時間に関しても、なるべくふだん通りにしましょう。

また、しあわせホルモンといわれる《セロトニン》の分泌を促す食品を摂るよう心がけてみましょう。バナナ・卵黄・ナッツ類・赤身の魚・乳製品などに多く含まれます。

④リラックスしましょう。

ストレッチをして身体をほぐしたり、深呼吸をするだけでもいいですね。ゆっくりお風呂に入るのもいいですし、アロマテラピーでリラックスという手もあります。映画を観にいったり美術館や博物館などに足を運んでみるのもいいでしょう。コンサートもすてきですね。いつもは仕事や勉強をしている時間にちょっとした気分転換をするのはとてもいいことです。

小旅行を考えるのもいいですね。計画を立てたり予約をしたりと目標ができることがいい刺激になります。

 

ふだんからストレスをためないような生活を心がけることで【五月病】の心配を吹き飛ばしましょう。

Sponsored link