脳梗塞とはどんな症状?原因や前兆とチェック法を伝授します!

「脳梗塞はどんな病気なのか」

「脳の血管が詰まる」病気には、いくつかありますが、その代表例が、ここでご説明する「脳梗塞」です。脳の広範囲にダメージを与えるのではなく詰まった部分だけが死んでしまって再び回復しないのが「脳梗塞」になります。

 

 

スポンサードリンク

 

「症状は」

脳梗塞の典型的な症状には、意識がうすれたり、なくなる、片麻痺(かたまひ)(片方の手足の麻痺。時には片側の手あるいは足だけ動かなくなる単麻痺(単麻痺)もあります。両方の手足が全部動かなくなった状態は四肢麻痺(ししまひ)と呼びます)、片側の手足や顔面の感覚障害、言語障害、失語症(考えても言葉が出てこなかったり、相手の言うことが聞こえても理解できない状態)などがあります。  ほかにも健忘症(けんぼうしょう)、同名性半盲(どうめいせいはんもう)(両眼とも視野の半分だけが見えなくなる状態)、複視(物が二重に見える)、ふらつき、物が飲み込みにくくなる、などあります

 

 

「原因はどんなもの?」

脳梗塞の原因は、血のかたまり(血栓)ができて血管がふさがり、血液を通じてその先の脳細胞に酸素や栄養を運ぶことができなくなるために、脳がダメージを受けます。

脳の血管が詰まり、脳に血液が十分にとどかない状態、「脳虚血」(のうきょけつ)といいますが、そういった状態が長く続き、脳細胞が壊れるするわけです。

 

「種類は?それぞれどんなものなのか」

脳梗塞は発生原因別に、「アテローム血栓性脳梗塞」「心原性脳塞栓症(しんげんせいのうそくせんしょう)」「ラクナ梗塞」の三つに分類されます

「アテローム血栓性脳梗塞」は、動脈硬化によって頸を走る動脈などの血管の壁内部に「アテローム(脂肪のかたまり)」による血栓ができ、血管が詰まってしまうものです。

「心原性脳塞栓症」は、心房細動や心筋梗塞などによって心臓にできた血栓が脳にまで運ばれ、脳の血管を詰まらせるものです。 「ラクナ梗塞」は、高血圧などを原因として脳の細い末梢血管に梗塞ができるものです。

日本人の脳梗塞で現在もっとも多いのがラクナ梗塞で、高齢になるほど多く見られます。 しかし、最近は「アテローム血栓性脳梗塞」や「心原性脳塞栓症」が増えつつあります。
脳梗塞は脳内に小さな梗塞巣(こうそくそう、脳細胞の死滅部分)ができますが、この数が増えることで認知症の原因となる場合もあります。

 

「脳梗塞の前兆やチェック法は?」

 

脳血管障害(疾患)全般にそうですが、脳梗塞でも突然発症し、数分から数時間で急速に症状が進みます。 血管が詰まった箇所の脳が機能的に壊死しますが、その後は病状が安定しそれ以上拡がるといったことはほとんどありません。 でも、すでに脳細胞が死んだ部分は死んでいる訳ですから再び回復させることは困難です。 脳梗塞の前兆として、患者2~3人に一人の割合で、「手足に力が入らない」「重いめまいがする」「いつもはない激しい頭痛がする」「ふつうの頭痛とは明らかにちがう感じの頭痛が、突然起こった」「特に手足やからだの半身が、突然しびれた」「ろれつが回らない、言葉が一瞬でてこなくなる」「片側の視界が一時的に真っ暗になる」「物が二重にみえる」などの症状があらわれます。

この前兆がチェックということになります。

Sponsored link