寒暖差

あれえ、風邪かしら? でも熱はないし、体のだるさもないし。花粉症かしら?でも花粉症なんてなったことないし。

なんて、こんな経験された方はいませんか? それは、もしかしたら『寒暖差アレルギー』かもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

「寒暖差アレルギーの原因」

名前を聞いても分かると思うのですが、冬の終わりから春にかけては、三寒四温といって、毎日の温度差が

10度~15度という、季節の変わり目の寒暖差が激しい季節になると体調不良をおこす方をみかけます。それを

寒暖差アレルギーといいます。自律神経が対応できる温度差は7~8度といわれて、その温度を超えると、自律神経が乱れます。自律神経が乱れると、鼻づまりなどのアレルギー症状を起こします。

最近確かに増えています。「風邪?花粉症?」かなと思いがちなんですが、それは、もしかしたら今日のテーマの

先にも書いたのですが『寒暖差アレルギー』かもしれません。

 

「寒暖差アレルギーの症状」

・花粉症に似た症状

しかし、花粉症と決定的に違うのが、目が充血しないことと、鼻水が無色透明だということです。

・思い当たらない体調不良

風邪でも花粉症でもないのに鼻水がでたら注意しましょう。

・食欲不振

・イラつく

・時に微熱の出ることがあります。

・倦怠感

・夏バテとは違う疲れ

 

「寒暖差アレルギーの対策・対処法」

先にも、原因のところで書きましたが、寒暖差アレルギーの原因は自律神経の乱れです。

対策・対処法は寒暖差を縮めればいいということです。

・冷房の温度を調節して、外の温度差をなくす。夏の快適温度は28度といわれています。

・冷房の温度を下げられなければ、服で調整します。

・筋肉量は女性は男性より約10パーセント少ないです。筋肉は体の発熱機能の働きをしています。

筋肉をつければ体の発熱機能も高まりますから、それで寒暖差アレルギーの症状が改善されていくこともあります。実際、男性よりも筋肉が少ないとされる女性のほうが寒暖差アレルギーの症状がでやすくなります。

・自律神経のバランスを崩さないようにしましょう。ぬるめのお風呂にゆっくりつかって、自律神経の働きを良くするようにしましょう。

・外出時には脱いだり着たりすることで、こまめに温度調整のできる服装を選ぶと良いですよ。

 

どうですか?

寒暖差アレルギーには、根本的治療法はなく対症療法だけになってしまいますが、自分でしっかりと

対策をとって、乗り切ってください。

Sponsored link