博多どんたくとは?2015年の日程とパレードの場所は?ゲスト来るの?

毎年5月3日と4日に行われる通称《博多どんたく祭り》、実は《博多どんたく港まつり》というのが正式な名前だそうです。福岡の三大祭りといわれている『博多どんたく港まつり』(5月)、『博多祇園山笠』(7月)、『放生会(ほうじょうや)』(9月)ですが、その最初に開催されるのがこの『博多どんたく港まつり』です。祭り自体は2日間ですが、前夜祭もあります。この前夜祭は2014年にはHKT48のライブも開催されたそうで、期間中は200万人以上の人出で福岡の街のあちこちがとてもにぎわいます。

 

 

スポンサードリンク

 

『どんたく』の意味は?

オランダ語のZondag(ゾンターク)〔休日、お休みの意味〕が語源とされています。もともと『小正月の松囃子』として始まったものですが、明治時代初めに新政府下の福岡県知事によって『松囃子』の禁止令が出されてしまいました。しかし、数年後この『松囃子』を復活させるために《どんたく》と呼び名を変えて再開されたのです。お祭りだから『お休み』しようよ…という意味なんでしょうか。それから戦争による中断もありましたが、今日まで市民に親しまれる祭りとして毎年5月の3日と4日に開催され続けています。

 

開催される場所はどのあたりでしょう

《どんたくパレード》は博多駅から天神までの間にある『呉服町』の交差点から福岡市役所までを練り歩きます。祭りの中心はこの《明治通り》なのですが、妖怪ウォッチやプリンセス・プリキュアなどが乗った《花自動車》は姪浜の方面までぐるっと回ります。また、博多駅前のあたりの『どんたくストリート』では、午前中に市民にみなさんが工夫されたさまざまなパレードを見ることができます。前夜祭は5月2日(土)16:00すぎから福岡国際センターで行われます。2015年の歌謡ショーのゲストとして〔水森かおりさん〕がいらっしゃるようです。

 

見どころは?

なんといっても《どんたくパレード》です。基本的には雨天決行ということですから、雨でもパレードは見られるでしょう。3日(日)は13:05~19:00、4日(月)は15:05~20:00の予定です。パレードが始まる一時間前には予告花火を打ち上げて知らせてくれます。地元の方たち、学生や地元企業、また一般の方たちなどが『どんたく隊』を組み博多の街を練り歩きます。2014年にはタイ、マレーシア、ハワイの『どんたく隊』も組まれたそうですよ。また『サンバ隊』も組まれ、生演奏のサンバも楽しめたそうです。今年はどんな『どんたく隊』が楽しませてくれるのでしょうか、楽しみですね。当たり前のことですがパレードの沿道には多くの人だかりができますから、早めに場所を取っておかないとぜんぜん見えないハメになってしまいます。

『どんたく隊』の他に、妖怪ウォッチなどの人気ものが乗った『花自動車』も一日に2回、コースをまわるようです。こちらも子どもたちにとっては楽しみですね。

最後は《総踊り》で締めくくります。これは誰でも参加できるものだそうですので、街中みんなで大盛り上がりできそうですね。5月4日(月)18:00~20:00です。20:00の花火の打ち上げで終了になります。

ここには書ききれないくらいたくさんの『どんたく隊』が街を練り歩いて楽しませてくれる【博多どんたく港まつり】、一度は足を運んでみる価値あると思います。詳しい日程はHPなどでしっかり調べてからお出かけくださいね。当日はあちこちで交通規制もありますから、気をつけましょう。

Sponsored link