二日酔い

お付き合いの席、お休みの前の日など、ついつい飲み過ぎることありますよね。そんな日の翌日は本当につらいものです。頭痛に吐き気、アルコールが残っていたりするとふらふらしたりもします。こんな状態から早く逃れたいというときに、試してみるといい情報です。

 

スポンサードリンク

 

二日酔いってどんな症状

飲み過ぎたことによって翌日まで頭痛やめまい、吐き気(時には嘔吐)など気分がとても悪い状態が続いているのが二日酔いです。肝臓で分解できる量をはるかに上回るアルコールを摂取したことが原因でおこります。症状は、《頭痛》《吐き気や嘔吐》《体のほてり》《のどの渇き》などが主なところです。

 

二日酔いにならないための予防方法

『お酒を飲む前に』

肝機能を高めるような食品やサプリメント、栄養ドリンク剤を摂るといいでしょう。よく知られている《ウコン》や《タウリン》は飲む前に摂ることで胆汁の分泌を盛んにしてくれますから、アルコールの代謝機能を高めてくれるといわれています。《牛乳などの乳製品》は肝機能を活性化させる効果があるといわれていますから、アルコールを飲む前に飲食するといいです。

一緒に食べる〔おつまみ〕にも気を配りましょう。《枝豆やじゃがいも》はビタミンCが多く含まれているので、二日酔いや悪酔いを防いでくれます。《おくら、長芋、なめこ》などのねばねば食材は、ムチンが含まれていて胃や腸の粘膜を保護してくれます。その他《梅》や《しじみ》なども分解のサポートや肝機能の強化の役割を果たしてくれます。

肝臓がアルコールを代謝するには水分が必要ですが、飲むときには水は飲まないことが多いですよね。水分が不足し脱水症状をおこすことも、この二日酔いのさまざまな症状が起きる原因になります。ですから、飲む前から水分を多めにとるようにして、飲んでいる最中もそれとなくグラス1杯につき水1杯くらいの気持ちで水分をとるように心がけましょう。もちろん帰ってから寝る前にもできるだけたくさんの水分をとると翌日に二日酔いなんてことにはなりにくいですよ。

肝臓の辺りを温めるのもいいようです。飲んでいる最中から帰宅するまで使い捨てカイロなどを使って温めておくと予防になります。

しかし、なんといっても一番いいのは【適量を心がける】という気持ちですね。

 

二日酔いに効くツボ・食べ物・飲み物

【ツボ】があります。『太衝』といいます。足の親指と人差し指の間を、手の指で足首のほうへこすり上げていくと、甲の上で2本の骨が交わり、小高く盛り上がっている部分の手前が『太衝』です。太衝は左右の足の甲にありますが、二日酔いの解消には右足の太衝を刺激します。刺激する足と同じ側の手の中指の腹を太衝に当て、指の腹ですじをしごくように押すと、ひびきを感じやすくなります。指の代わりに、ボールペンのキャップの先のような棒状のもので刺激してもかまいません。1日に何回でも行うことができます。

【食べ物】もたくさんあります。《しじみ》は二日酔いの回復を早めてくれます。《まいたけ》《酢を使った料理》などはアルコールの代謝を促してくれます。

《柿》タンニンやカタラーゼなどがアルコール分解を手助けしてくれます。干し柿でも効果はあります。

【飲み物】では《コーヒー》のカフェインが頭痛を和らげ、肝機能を高めてくれます。《お茶》にもカフェインが含まれますが、お茶にはアルコールの吸収を抑えてくれる効果もプラスされます。《果汁100%ジュース》はアルコール分解によって不足し、脱水状態になっている身体に水分を補い、また肝臓が働くために必要な糖分も一緒に補えます。グレープフルーツジュースが特にいいといわれています。《スポーツドリンク》もいいですね。

【薬】も症状によって胃腸薬、頭痛薬、ビタミン剤などを服用するといいですが、頭痛薬は薬局などで相談してから飲んだ方がいいようです。

 

二日酔いにはならない方がいいにきまっていますが、どうしても飲まなければならないこともあるでしょう。そういう時には飲む前からの心がけも大事です。二日酔いは自業自得というところですが、周りの人にも迷惑をかけないようないいお酒の飲み方を心がけましょう。

Sponsored link