幼稚園役員の仕事の内容は大変か?役員の決め方は?

園によっていろいろ決め方もあるでしょうし、免除条件のようなものもあると思いますが、やっぱり役員決めは年度初めの一番いやなイベントですよね。

ただ、子どもたちがお世話になるのだから、通っている間に一度はやっておきたいものです。やってみると案外楽しいこともあるようですよ。

 

スポンサードリンク

 

役員の仕事

大変だ大変だといわれる役員の仕事ですが、実際にどういうことをやっているのでしょう。園によっては、先生たちのお仕事の手伝いなどもさせられることがあるようですが、通常は〔先生たちと子どもたちをサポートすること〕が仕事の内容です。もちろん、運動会などの前には園庭の草むしりなどもあるでしょうが、それもこれも子どもたちのためだと思えば、そんなにつらいものではないでしょう。園の規模や園長先生の考え方も千差万別ですから、一概には言えないのですが。

クラスの役員さんは、連絡係などの簡単な仕事だけで済むところもあるようですが、PTA役員になると、都道府県や市町村の教育委員会主催の研修会や講習会に参加することもあるようです。時間を取るのが大変だとは思いますが、これはとても勉強になったという話をよく聞きます。

 

決め方は?

これも園によってさまざまです。立候補者を募り、ない場合はくじ引きで否応なしにというのが多いようですね。ただ、園の方で免除条件を考えているところもあるようで、《妊婦さん》《介護中》《保護者が世帯主の片親家庭》など納得できるものになっているようです。しかし、それでも決まらない場合は結局どういう条件でも役員をやらなければならなくなる可能性がでてきます。

どうせやらなきゃいけないんだったら、自分から進んでやるというのも一つの選択肢ですね。そうすれば周りのママたちも役員を逃れられた安心から、しっかり協力してくれるのではないでしょうか?

断りたくても、今やほとんどのママたちがお仕事をしていますから、《フルタイムで働いています》《下の子がいるので…》などという理由はなかなか受け入れてもらえないようです。

 

だったら進んでやってみましょうよ

やってよかったというママたちの話は、早く園や他のママたちになじむことができたことや子どもたちの様子を見る機会が増えたというもの。行事の時にはだいたい出向いて仕事をやりますから、たとえば運動会などではゴールの時の写真をとっても近くで撮影することだってできるんですよ。仕事にかり出されるのですが、ずっと働かされるわけではなく、子どもさんのことやちゃんと考慮してもらえるのですから、これはやって損はないと思います。

やるんだったら子どもが小さい内の方が楽だといわれることもありますが、年少さんでやっても年中さんでやっても仕事自体はそれほど変わらないです。ただ、年長さんは卒園がありますから、多少忙しいかもしれませんね。

 

子どもがお世話になっていることですし、2~3年に1度くらいはお手伝いしてみてはいかがでしょう。今までと違った関係が見えてくるかもしれませんよ。そして、子どもたちは意外と、役員をしているママが好きなものです。

Sponsored link