お盆修正 IKOU

ざっくりいうと、東京など都市部は7月13日から15日まで、地方は1ヶ月遅れの8月13日から15日とするところが多いです。もちろん細かくいうといろいろな土地で違うものと思います。

元々は仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)からきているといわれています。

 

 

スポンサードリンク

 

2015年のお盆休みは

東京都や神奈川県・静岡県(旧市街地など)・愛知県などの都市部・北海道と東北の一部・北陸などの都市部(金沢旧市街地など)は、太陽暦(現在の暦)の7月13日~15日をお盆としますから、会社などの一般的なお盆休みは7月13日(月)から7月16日(木)の4日間となり、土日がお休みの会社などは11日(土)からの6連休になります。

それに対して、ひと月遅れの8月13日~15日をお盆としている西日本全般と北関東以北では、お盆休みが8月13日(木)~8月16日(日)の4日間となるところが多いでしょう。土日お休みの会社などは、実質的なお休みは13日と14日だけとなってしまい、ちょっと損をした気分ですね。

旧暦の7月13日~15日をお盆とする沖縄や奄美などの南西諸島では、2015年は8月26日(水)から8月28日(金)がお盆になります。土日お休みの会社などでは、8月26日(水)から30日(日)までの5連休になりますね。

時間的、経済的に余裕があれば、帰省して家族やご先祖さまと一緒に楽しいひとときを過ごしてみられてはいかがでしょうか。

 

お盆とは

『先祖の霊があの世から帰ってきて、家族と一緒に楽しいひとときを過ごし、またあの世に帰っていくという日本古来の信仰に基づく行事』ともいわれるし、『仏教の盂蘭盆会に、神道の祖先崇拝や豊作に感謝するなどの農耕儀礼など古くからの様々な風習が合わさって形作られたもの』ともいわれています。

『盂蘭盆会』は彼岸会と同様、主に先祖供養のための行事ととらえられていますが、彼岸会とは大きく違うところがあります。それは、彼岸会では先祖の霊魂を彼岸に到らせようという想いが強いのに対し、盂蘭盆会では家に帰ってきた先祖の霊魂をもてなす意味合いが濃くなっている点です。そしてこの「先祖が家に帰って来る」という部分が、帰郷の強い動機になって現在のようなお盆の帰省につながっているのでしょう。しかし仏教には元々こうした教えはなく、日本古来の習俗に由来するものです。

また、『お盆休み』は、むかし奉公人が主人から休暇をもらって田舎に里帰りする《藪入り》が起源であるという説や、仏教において地獄の看守も休みを取る《閻魔の賽日(えんまのさいにち)》が1月16日と7月16日だったことが起源であるという説などがあるようです。

 

お盆の供え物

お盆のお供え物の中で、きゅうりとなすに箸や楊枝を刺したものを見たことがあると思います。きゅうりは馬とされ、なすは牛とされています。馬はご先祖様が早く帰ってこられるように、牛はなるべくゆっくり戻って行かれるようにとの願いがこめられています。ご先祖さまが家に帰ってきて過ごす時間を大切にしている日本人のあたたかな気持ちがよく表れていますね。

初盆、新盆のお供え物は、仏式では線香やろうそく、果物、日持ちするお菓子などがあります。神式では、清酒や果物、日持ちするお菓子、乾物などが一般的です。線香などをたいて供養する慣習はありませんが、最近では仏式と同じように線香をたくこともあるようです。 初盆のお参りに行くときには、必ずしもお供え物を持参しなければならないわけではありません。故人との関係性や地域によって異なります。

Sponsored link