お中元 伊香

夏のご挨拶といえば「お中元」ですね。お中元とは、一年の折り返しである夏の時期に、

日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを込めて、贈り物をすることをいいます。

今回は、お中元の由来や、贈る時期、マナーなどについて調べてみました。

同じ日本の中でも、地域によって違いがあるようです。

 

スポンサードリンク

 

  • お中元の時期

北海道から九州地方まで、地域によってお中元を贈る時期が違います。驚きですよね。

 

☆東北・関東・北陸…7月1日から7月15日まで

☆北海道・東海・関西・中国・四国・九州…7月15日から8月15日まで

 

夏のご挨拶ですので、挨拶は遅くなるより早い方が失礼になりません。

一度に両方の地域にお中元を送る場合は、7月15日頃に届くように送ればベストですね。

 

  • 熨斗(のし)紙のかけ方

お中元の時期を過ぎると、熨斗の表書きも違ってくるので注意が必要です。

水引は、紅白の蝶結びのもので、表書きは「御中元」と書きます。下部の名前は名字を書き、

表書きと同じ大きさ、もしくは少し小さめに書きます。

 

表書きは、7月15日を過ぎてしまったら、8月7日(立秋)までは「暑中御見舞」と書きます。

立秋を過ぎたら、9月上旬までは「残暑御見舞」にします。

 

関西地方になると、若干違いがあります。7月15日~8月15日までは「御中元」となり、

8月16日~9月上旬までは「残暑御見舞」となります。

 

デパートや百貨店などのギフトコーナーでは包装と熨斗かけは無料でやってくれます。

ネットショップでも殆どのお店で同様にやってくれるので依頼しましょう。

 

【贈り先が喪中の場合】

紅白の熨斗はふさわしくないので、水引の無い白い無地の奉書紙か、白い短冊に「御中元」

と書きましょう。相手先が四十九日をまだ迎えていなければ、この期間を避け、四十九日が

過ぎてから贈りましょう。先ほど触れたように、時期を過ぎたら表書きは「暑中御見舞」や

「残暑御見舞に」してください。ギフトコーナーでは、相手が喪中だと伝えると水引無しの

ものをつけてくれますよ。

 

  • お中元を贈る際のマナー

お中元をお世話になった人へ送る場合、品物を送ったままにしないことが大事です。特に

食品は、不在で受け取れなかったりすると、暑い時期ですし品質が悪くってしまいます。

送る相手に挨拶状を出し、送ったことを伝える心遣いが大切です。品物よりも2日位早く相手

に届くように出しましょう。日ごろお世話になっている感謝の気持ちを相手に伝わるように

書くことがポイントです。相手方が親しい間柄であれば、メールや電話などでもかまいません。

贈り主の心遣いを相手方に感じていただくと、人間関係がよりいっそう良い方向へと繋がる

きっかけにもなりますね。

自分が御中元をいただいた場合はもちろん、相手方へお礼の連絡を早めにすることが大事です。

 

  • 喜ばれる「お中元ギフト」

デパートや百貨店のお中元ギフトコーナーでは、缶ビール、ハム、そうめんなどの定番ギフトが

並んでいます。注意したいのは、先方の事情を知っていれば良いのですが、相手先がもらって

困るものを送るのはタブーです。

例えばお酒を楽しんでいるご夫婦のお宅へビールの詰め合わせを送るのは喜ばれますが、

ご主人が飲んでも奥様が飲めないとか、そういう場合は避けたほうがいいかも。

コーヒーや紅茶の詰め合わせも、好みがあるかもしれません。無難なところのギフトは、ハム、

そうめん、お米、スイーツなどの詰め合わせ。ポイントは、自分では普段買わないような少し

高級なものを選びましょう♪

 

≪おすすめのお中元ギフト 商品ページ≫

 

 ・宇治抹茶スイーツ【伊藤久右衛門】

子どもも喜ぶスイーツギフトはオススメ☆

http://www.itohkyuemon.co.jp/site/sweets.htm

 

 ・老舗の高級そうめんギフト【三輪素麺】

夏は出番の多い素麺。ワンランク上のものを☆

http://ikerishop.com/SHOP/935123/list.html

 

 ・お米マイスターが手掛けるお米のお店【金子商店】

もらったら嬉しい!お米を食べないご家庭はいませんね☆

http://www.kaneko-shouten.co.jp/campaign/summer_gift.html

 

 ・最高級白だしの詰め合わせ【味とこころ】

ご家庭で割烹料理店の味を!

http://www.ajitokokoro.jp/fs/ajitokokoro/5303

 

Sponsored link