ニャーニャーIKOUKAZUKI

暑くなってくると、《なんとなくだるい》とか《やる気がおきない》《なんにも食べたくない》なんていうことが多くなりますよね。これがいわゆる【夏バテ】の症状です。こんなときは晩ごはんを作るのも食べるのも面倒くさくなってしまい、冷たい麺類などで簡単に済ませてしまっていませんか?原因をきちんと知って、今年は夏バテにならないように予防し、夏を快適に過ごしましょう。

 

スポンサードリンク

 

なぜ夏バテになるのでしょうか

原因は大きく3つあります。

『自律神経の不調』『発汗の異常』『体内の水分バランス』です。

『自律神経の不調』は、室内外の温度差によるものが多いようです。冷房のきいた部屋の内と外を行き来する際に、温度差で体力を消耗し夏バテの原因になります。また冷房のきき過ぎで身体がストレスを感じ、自律神経がうまく働かなくなり、それによって消化器官などに変調をきたすことになります。そこから食欲不振をまねき、食べられなくなったり身体のだるさや疲労感を感じることになります。

『発汗の異常』は、高温多湿の環境によるもので、汗の出口周辺がつまり発汗が困難になります。それによって体温調節がうまくいかなくなり、身体に熱がこもってしまいます

『体内の水分バランス』は、汗を多量にかくこと水分やミネラルが失われることで悪くなります。水分をとりすぎることによってもバランスが悪くなりますから、注意しないといけません。

その他、熱帯夜などで寝苦しいことにより睡眠不足になり、疲労回復ができずどんどん疲れがたまっていって夏バテになってしまうこともあります。

 

予防と対策

『室内での過ごし方を工夫する』

部屋の内と外との温度差が5℃以上になると自律神経が乱れやすくなりますから、《冷房の温度調節はこまめにしましょう》

自分で調節ができないのであれば《冷房の風に直接あたらないように工夫しましょう》

他にも《上着を羽織る》《首に巻くものを準備する》《足首を出さない服にする》などして3つの首〕を冷やさない工夫をしましょう。

『栄養価の高い食べものを食べる』

食欲のない時に無理に食べるのは大変ですから、〔量より質〕を考えて食事をするようにしましょう。良質なたんぱく質と高エネルギー、高ビタミンの食材をうまく利用しましょう。

『ぐっすり眠る工夫をする』

寝る30分から1時間前にぬるめのお風呂にゆっくりつかると、自律神経が落ち着きリラックスできます。暑くて寝苦しいときには、頭部を冷やすとよく眠れます。

 

食事での工夫

良質のタンパク質やビタミンを豊富に含む食材を使うと疲労回復に効果があります。《肉類(とくに豚肉はとてもいいです)》《レバー》《うなぎ》《たまご》《豆腐》《チーズ》《かぼちゃ》《トマト》《かんきつ類》《枝豆》などが、夏バテ防止にも解消にも効果のある食材としてよく知られています。

〔豚しゃぶ〕を酸味のあるタレで食べたり、冷やし中華の具に〔豚肉やトマト〕を乗せたりと、簡単な料理にちょっとひと工夫するだけで夏バテを予防できますよ。トマトはジュースでもいいですし、他の食材をトマトソースで煮込むだけで食欲不振を解消できそうですね。

 

今年はちょっとひと工夫のレシピで、夏バテしない身体を作ってみませんか。

Sponsored link