敬老の日

りんどうの花を敬老の日に贈る習慣があるのをご存知ですか?ちょうど敬老の日の時期に咲いているのはもちろんのことですが、これには2つの由来があります。そのどちらもがおじいちゃんやおばあちゃんの長寿を願い、またこれまでの人生への尊敬の念を持っているのです。

 

 

スポンサードリンク

りんどうの花を贈るようになった由来

『りんどうの根は、効き目の高い薬として重宝されてきたため』

『りんどうの紫色が、古来より位の高い人や尊敬に値する人に身にまとってもらう色として大切にされてきたため』

この2つから、【年を重ねたおじいちゃんおばあちゃんへ、長寿と健康そして尊敬の念をこめて贈るにふさわしい花】としてりんどうが贈られるようになったそうです。

 

りんどうの花言葉

花言葉は《正義感》《誠実》《愛情》です。また、色によっても違って〔紫色〕は《正義》《満ちた自信》で、〔白色〕は《貞節》《適確》です。

最近、りんどうの中でも『白寿』という種類のものが人気のようですが、これは99歳のお祝いの白寿に結び付けて、《長寿》を願うものなのでしょう。

ちなみに『白寿』というりんどうは、さわやかな青と白のストライプ模様です。

どの色もいいのですが、おじいちゃんやおばあちゃんの長寿、健康を願って今年は『白寿』を贈ってみてはどうでしょうか。

 

敬老の日について

以前は9月15日でしたが、2003年の《ハッピーマンデー制度》の導入によって9月の第3月曜日になりました。そもそもなぜ9月15日になったかというのにはいくつかの説があり、〔聖徳太子説〕と〔養老の滝説〕が多く語られていますが、この2つの説は俗説といわれ正しいものかどうかは、定かではありません。

敬老の日が国民の祝日になるまでには、次のような経緯があったそうです。

まだ戦後間もない昭和22年(1947年)兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)で、当時の村長さんと助役さんが《老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう》という趣旨で、「としよりの日」を提唱しました。 野間谷村では、1年のうちで気候がよく農閑期にもあたる9月中旬の15「としよりの日」とし、敬老会が開かれました。それから数年後には兵庫県全体に広がりました。これがきっかけで県民運動が始まり、翌年には「としよりの日」が全国に広がります。そこから10年あまりあとの昭和39年(1964年)には、「としより」という言葉がよくないということになり、「老人の日」と名称が変わりました。その翌年の昭和40年(1965年)には、現在の名称と同じ「敬老の日」として国民の祝日になったのです。その後、ハッピーマンデー制度の実施によって、2003年からは敬老の日は9月第3月曜日になりました。またそれに伴い老人福祉法が改正され、9月15日を「老人の日」、9月15日から1週間を「老人週間」とする事になりました。ちなみに2015年の敬老の日は9月21で、秋分の日の23日とに挟まれた22日も国民の祝日となり、9月20日(日)から23日(水)まで4日間のシルバーウィークになるようです。この機会にゆっくりおじいちゃんやおばあちゃんと過ごしてみるのもいいですね。

Sponsored link