サーキュレーター扇風機との違いとは?冷房暖房効果的な使い方は?

最近よく耳にする《サーキュレーター》とはどんな用途でどういう使い方をするのか、扇風機とはどう違うのでしょうか。羽根が回って風をおこすところが、など一見すると同じようなものに見えますが、使う目的がまったく違うのです。

 

 

スポンサードリンク

 

扇風機となにが違うの?

なんといっても使う目的が違います。《扇風機》は、発生する風を身体に直接受けて涼を取るのが元々の使い方です。《サーキュレーター》は、室内の空気の循環、換気、空気の撹拌を目的としています。室内の熱の偏りを防ぎ、空調やエアコンの効率をあげる、また湿気がたまりやすい場所を換気する、洗濯ものを乾かすなどの目的で使用されます。

扇風機は風を人に直接あてて使いますから広範囲に風を送り出します。またサーキュレーターは空間にあてて空気を動かすことに使いますから、風を遠くまでまっすぐに送り届けます。

エアコンの冷気や暖気を室内全体に効率よく巡らせるには、サーキュレーターの直進力が高い風で室内の空気を動かす方がはるかに有効です。

 

冷房のときの効果的な使い方

空気はあたたかくなると上にいきます。当然冷たい空気は下にたまりますから、それを循環させるために、下から上へ向けてサーキュレーターの風を送ります。そうすることであたたかい空気が下に流され、冷やされていきますから、部屋全体の温度が下がり涼しくなっていきます。

これが一般的に使われている方法ですが、他にも考え方をちょっと変えた使い方がありますからご紹介します。

さきほど書いたように冷たい空気は下にたまっていますから、その冷たい空気だけを下の方で循環させるというやり方です。普通、室内では座って過ごすことが多いですから、上の空気をわざわざ下にもってきて冷やさなくても、下の空気が冷えていればいいのではないか、という考えです。下の方だけでも隅々まで冷気を届かせるために使うということですね。この場合はエアコンの冷気が下りてくるあたりから横に、正面の壁に向けてサーキュレーターを配置すると効果的に冷気の循環ができます。一度、試してみる価値はありますよ。

また、サーキュレーターは電気代もあまりかかりません。1時間使用して1くらいですから、エアコンとの併用でエアコンの温度設定を少し下げることができ、電気代の節約にもなりますね。

 

他にも使い方のちょっとしたアイディア

暖房のときには、一般的には棚などの上に置いて、上から下に吹きおろすように使っていると思いますが、この使い方の視点をちょっと変えます。

床から直接エアコンに向けて風を発進させるのです。そうすることで送風口から出る暖気を拡散することができますから、暖気が一ヶ所に集中することなく部屋全体に行き渡ります

梅雨時期にも使えます。お洗濯ものの乾燥に使いましょう。お洗濯ものに直接風をあてることで、扇風機の風をあてるよりも乾きが早くなり、部屋干しのいやな臭いを防ぐこともできます。

他にもストーブの温度を部屋全体に循環させることもできます。

最近では首振り機能も充実したものが出てきましたから、一度電気屋さんに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

Sponsored link