妊娠中の便秘はなぜおこる?市販薬は使用できる?解消方法と食べ物での対策伝授します!

お産をした経験をした方は分かると思うのですが、妊娠中の便秘に悩まれる方が多いと思います。

便秘から痔を引き起こし、ダブルで悩んでいる方も多くいることでしょう。

今回は妊娠中の便秘についてリサーチしてみました。

 

スポンサードリンク

 

「妊娠中、便秘は何故おこるか」

妊娠中に限らず、ここで便秘が何故起こるかをを挙げてみましょう。

◇腸の機能的なものによるもの。

・妊娠すると黄体ホルモンの分泌が腸の運動を抑制します。

◇運動不足。

・入院中など寝ている時間が多いと便秘になったという方はいませんか。

・妊娠中に限らず、運動をしないと便秘になりがちです。

◇食べ物による。

・繊維質の食べ物をあまり摂取しないと便秘の原因になります。

◇あかちゃんが大きくなるにつれ、腸が子宮に圧迫され腸の動きが悪くなります。

◇つわりの時に嘔吐したり、水分がとれないと水分不足になりやすいです。また、羊水には多量の水分を奪われますので、その分も考えて、しっかり水分補給してくださいね。

 

妊娠中の市販薬」

◇下剤は市販薬は使わないこと。

・下剤の中には、腸も動かすのですが、子宮の神経を刺激してしまい、お腹が張ってしまったり、早産や流産の原因となってしまうものもあります。

・妊娠中の下剤は必ず医師の指示のもとの服用してください。

 

「解消法は?」

・妊娠中の便秘解消には、やはり食事が一番重要な位置をしめます。

・水分をしっかり摂りましょう。

・医師の指示を受けて軽い運動をしましょう。

ウオーキングや水中歩行、ヨガなどはいかがでしょう。腰痛解消にも役立ちます。

 

「食べ物は?」

◇やはり繊維質の多い食べ物を食べるのがベストですね。妊娠中の体重増は多いと避けなければいけません。食物繊維はカロリーの少ない物が多いです。また、妊娠中ではなくても食物繊維は便秘解消に良いとされていますね。あらためて見てみましょう。

食物繊維には不溶性と水溶性がありますので、バランスよく食べましょう。

食物繊維は、豆、穀類、野菜、きのこ、海藻などに多く含まれています。

ここで、食物繊維総量の多い食品ベスト20を挙げてみたいと思います。

ゆでいんげん豆、ゆであずき、ゆでひよこ豆、おから、エシャロット、シソの実、ちゅうごくぐり、よもぎ、ゆでえんどう豆、ゆでベニバナいんげん、しそ、とんぶり、ゆでだいず、ゆずの果皮、パセリ、

こしあん、こんぶつくだ煮、つくし、納豆、にほんぐり、豆みそ、麦みそ、ごぼう、ゆりね、

グリーンピース、モロヘイヤ、うずら豆、ひきわり納豆、にんにく。

以上です。好き嫌いもあるでしょうから、沢山挙げてみました。

◇乳酸菌

乳酸菌は、腸内で増殖して悪玉菌の増殖を抑えてくれます。悪玉菌が多いと腸内環境が悪くなり、便秘にかたむきます。

 

以上のことに気をつけて、マタニティライフを送ってくださいね。

Sponsored link