お食い初めはいつ?やり方順番は?お食い初めのメニューをご紹介♪

生後100日目に行われる『お食い初め』ですが、地域によって若干の違いはあるものの、だいたい同じ内容でお祝いします。双方のご両親を招き、みんなでお祝いします。日程は《生後100日目》となっていますが、現在では出席してもらうみなさんの都合に合わせて決めることが多いようです。

 

スポンサードリンク

 

歴史の古い行事

平安時代から行われている行事です。《食べ物に困らないように》《丈夫な歯が生えてきますように》という願いを込めて行います。お食い初めの御膳は和食作法の本膳料理と同じ器の組み合わせです。御膳は高足のものを使い、男の子は朱色の御膳、女の子は黒色の御膳です。(行事が始まった平安時代は黒色より朱色の方が高貴な色)お箸は柳の白木を使います。お料理は一汁三菜で準備します。

また御膳には『歯固めの石』をいうものを準備します。地域によって違いがありますが、一般的には氏神様の神社から拾ってきて(人が通らないようなところから拾ってきてしっかり洗って使います)、行事が終わったらまた神社に戻します。《小石を3つ》というのが一般的です。地方によっては《水辺の石》や《固い栗の実》《タコ》など、使うものが違う場合があるので実家のご両親や近所の年配の方に尋ねてみましょう。

 

お祝いの順番やり方

赤ちゃんの両親双方のご両親を自宅に招いて食事会をするのが一般的ですが、特に自宅にこだわる必要はなく、お店でやるのもいいでしょう。

お祝いは、まず親族で一番長寿の人が赤ちゃんをひざに抱いて、箸で食べさせる真似をします。これには順番があり、【飯⇒汁⇒飯⇒魚⇒汁】を3回繰り返します。その後、『歯固めの石』に箸を触れてその箸を赤ちゃんの歯茎にそっと当てます。これは《石のような丈夫な歯が生えてきますように》という願いが込められています。それが済んだあと、みなさんで会食を始めることになります。

 

お食い初めのメニュー献立

御膳には5つのお椀を並べます。

《親碗(おやわん)》左手前に置き、ごはんを入れます。お祝いなのでお赤飯というところが多いですが、白いごはん、おかゆ、栗ごはんなどの地方もあります。

《汁椀(しるわん)》右手前に置き、汁物(おみそ汁やお吸い物など)を入れます。〔吸う力が強くなるように〕という意味が込められています。蛤(はまぐり)を使うと〔よい伴侶に巡り合えるように〕という願いになります。現代では野菜スープなどで代用することもあります。

《平椀(ひらわん)》左奥に置きます。煮物など温かい料理を置きます。使う野菜は、季節の野菜や地元で採れた野菜、れんこん、里芋、にんじん、しいたけ、たけのこなどです。「れんこん」は〔先が見通せるように〕、「里芋」は〔子だくさん〕、「たけのこ」は〔まっすぐ育つように〕という願いが込められているそうです。また、尾頭付きの魚の器を用意しないときには、このお椀が焼き魚の器になります。

《つぼ椀(つぼわん)》右奥に置きます。なます、酢の物、ごま和えなどの冷たい料理を入れます。なますは「紅白」で〔おめでたい〕、「たこの酢の物」は〔多幸〕の語呂合わせで縁起物です。

《腰高(こしだか)》中央に置きます。「歯固めの石」と「梅干し」を入れます。「歯固めの石」は〔石のような丈夫な歯が生えますように〕という願い、「梅干し」は〔辛抱強い子になりますように〕〔しわしわになるまで長生きできますように〕という願いが込められています。

《大皿》お食い初め御膳とは別の御膳に用意します。尾頭付きの焼き魚を入れます。一般的には鯛を使うことが多いですが、地方によって違うお魚を使うことがありますから、しっかり調べてから準備しましょう。

《二の膳》お餅を入れます。お餅は〔長持ちする〕につながるということ、またお餅には天照大神が宿っていらっしゃるといわれることからその力を赤ちゃんにも分けてもらうという意味で御膳に準備されます。

 

なんといっても赤ちゃんが主役ですから、疲れさせないように様子をみながらご家族みんなでお祝いしましょう。

Sponsored link