2015年(平成27年)の海の日は、7月20日(月)ですが、海の日ってどういう意味の祝日なのか正しく理解できている人って案外少ないのではないでしょうか。2002年(平成14年)に《ハッピーマンデー》が導入されるまでは、7月20日で固定されていましたが、2003年(平成15年)の海の日から7月の第3月曜日に変わりました。2015年(平成27年)はたまたま第3月曜日が7月20日でしたから、制定された当時と同じ日になりましたね。

 

《海の日》とは?

《海の日》には【海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う】という意味があります。島国の日本は、水産物など海の恵みをたくさん得ています。そのたくさんの恵みをもたらしてくれる海に感謝し、また次世代に安全で安定した海を引き継ぐことはとても大事なことです。そのことをあらためて考える日として《海の日》の存在は大切なものだといえるでしょう。

 

なぜ7月20日が《海の日》になったのか?その由来は?

その由来は明治時代にさかのぼります。明治9年、明治天皇が東北巡幸されました。その際、〔明治丸〕という灯台巡視汽船で東北から横浜港に戻ってこられた日がこの〔7月20日〕だったのです。これを記念して昭和16年から〔海の記念日〕として存在したのですが、1995年(平成7年)に祝日に制定され、1996年(平成8年)に《海の日》という正式な国民の祝日になりました。1996年(平成8年)から2002年(平成14年)までは固定で7月20日でしたが、ハッピーマンデー制度の導入により、2003年(平成15年)からは7月の第3月曜日ということになりました。偶然ですが、2015年(平成27年)は制定されたときと同じ7月20日が《海の日》です。

 

《海の日》のイベント

東京では、《東京湾クルーズ》が2つあります。

まず、《海の日記念 東京海さんぽ》というイベント。東京湾シンフォニークルーズで、『純粋に船の旅行だけを楽しみたい!乗船だけのお気軽プラン』ということで、朝9:30~10:30の一時間、大人500円(こども、幼児無料)で東京湾をクルーズできます。乗船されたこどもさんには〔シンフォニーペーパークラフト〕がプレゼントされます。

次に《海の日ファミリー企画 東京湾ヴァンティアン船内探検隊クルーズ》があります。15:30~16:30は船内探検でふだんは立入禁止の操舵室や全客室を探検することができます。船長のユニフォームキャップを貸出しての記念撮影もあります。16:30~18:30は東京湾のクルーズで、シーフードのコース料理を楽しみながらクルーによる船の話を聞くことができます。乗船されたこどもさんには船長から〔船内探検証明書〕が発行されます。料金は大人7,900円、小学生6,700円、幼児4,200円です。(料金が変わっている可能性もありますので、おでかけの際は必ず各施設・主催者までお問い合わせください。)

関西のイベントも3つ紹介します。

神戸の【Kobe LovePort・みなとまつり】は、2015年7月19日(土)・20日(日)に、神戸メリケンパークで開催されます。まつりの詳細はまだ発表されていませんが、サンバフェスタなどもあり楽しめることまちがいありません。

2つめは、【音とイルカのハーモニー 海の日 サンセットライブ2015です。神戸市須磨海浜水族園で2015年7月20日に開催されます。アカペラとイルカライブのコラボレーションライブということで、幼児から大人まで幅広く楽しめるイベントとなっています。

3つめは、住吉祭りです。大阪市住吉区で行われます。毎年7月の海の日には《神輿洗神事》が行われます。その後8月1日までお祭りや神事がありますから、これもまた楽しめそうです。

Sponsored link