長崎精霊流しとは?2015の日程と交通規制について♪

さだまさしさんの歌とは大違いの、とてもにぎやかなというか喧噪に包まれた感じがする長崎の精霊流し(しょうろうながし)は毎年8月15日の旧盆に行われる行事です。当日は雨でも決行されます。お盆の最終行事ですから延期などはありえません。2015年は土曜日ですから、いつもよりたくさんの見物人でにぎわうものと思われます。夕方(17時~18時くらい)になると、あちらこちらからあらかじめ決められたルートに向かってたくさんの精霊船(しょうろうぶね)が集まってきます。

スポンサードリンク

そもそも精霊流しとは

旧盆の8月15日に、その年のお盆までに亡くなった方がいらっしゃる家の遺族が、故人の霊を弔うために(手作りの)精霊船を造り、思い出とともに西方浄土(極楽)へと送りだすという長崎の伝統行事です。

爆竹をバンバン鳴らして道を清めながら、精霊船を曳いて街を練り歩きます。もうその爆竹の音といったら、すぐ隣の人との会話もできないくらいのすごさです。【耳栓】は絶対に持っていってください。また前の方にいる人は火の粉がかかって服が焦げることもありますから、見物する場所には注意が必要です。小さい子どもさん連れは避けた方がいいかもしれませんね。

 

精霊船は

個人で造って出すところもあれば、町内などで亡くなった方々を一緒に弔う『もやい船』というものもあります。担ぎ手の数にもよりますが、1~2人で担げるような小さい船から、何十人もの人によって担がれる大きな船(2連、3連もあり)までさまざまです。小さい子どもさんを亡くされたのでしょうか、小さい船をご家族で担いでいらっしゃるのを見かけると、さぞお辛いだろうと思わず手を合わせたくなります。最近では、ペットの精霊船も見かけるようになりました。費用もさまざまで1~2万円から数百万円以上のところまであるそうです。

 

当日は

夕方17時~18時くらいになると、爆竹の音、鉦(かね)の音と掛け声が聞こえ始めます。鉦の音『ちゃんこんちゃんこん』のあとに『どーいどい』という掛け声を掛けながら、爆竹の音とともにゆっくり精霊船が進んでいきます。船といって海に流すわけではないので、車輪をつけて曳いていきます。ただ、現在も樺島町で出すもやい船の精霊船は、おくんちのコッコデショのように担いでいきます。これは一見の価値があると思います。

精霊流しは、お盆の最後の行事です。長崎のお盆は、故人が迷わずこちらに帰ってくることができるように、13日から15日までお墓に提灯をともし子どもたちはそこで花火をします。お墓には食べ物を持っていってみんなで食べたり飲んだりもするんですよ。これはたぶん長崎だけではないでしょうか。多くの子どもたちはお盆におじいちゃんおばあちゃんから《花火代》としておこづかいをもらいます。

そして、15日にはお墓の提灯をおろし、子どもたちはひとしきり花火をしてから精霊流しに向かうことになります。家には担ぎ手の人たちが集い、飲んだり食べたりしながらこれからの長い道のりに備えます。いよいよスタートです。

 

精霊船の通るルートでは【交通規制】が行われます。おおよそ18時から23時くらいまでです。おおまかにいうと2つの大きなルートがあり、そこにそれぞれ1つずつの合流するルートがあります。

国道34号線《諏訪神社前》から長崎市役所前を通り、長崎市立図書館から右に入り五島町の電停付近で、《長崎駅前》付近からくる国道202号線の車両規制の道路と合流します。この規制は出島電停付近まで続きます。

国道499号線から長崎バス松ヶ枝営業所の向かい側を中心部に向かって右に入り、まっすぐ進みオランダ通りを経て《観光通》電停付近で、国道324号線《正覚寺下》電停から路面電車の軌道に沿ってまっすぐにきている車両規制区間に合流して、中央橋を経て県庁方面に向かい県庁坂を下って大波止の流し場へ向かいます。

《路面電車》の運行も下記のように変わります。

1号系統:赤迫⇔大波止⇔築町で運行

            ※築町~正覚寺下は運休

            ※正覚寺下発、赤迫行の最終は17:01

4号系統:蛍茶屋⇔公会堂前⇔西浜町(1・5号系乗り場)で運行

          ※西浜町~正覚寺下は運休

            ※正覚寺下発、蛍茶屋行きの最終は17:04

3・5号系統:通常運行

 

交通規制については各自でしっかり確認してからお出かけください。

Sponsored link