かゆい 頭 伊香

アタマジラミをご存知でしょうか。アタマジラミは人間の頭髪に寄生し、頭皮から血を吸って生きています。血を吸われると頭皮にかゆみや湿疹などの症状を起こします。また、頭髪に点々と卵を固着させて産み付けるので比較的簡単に見つけることができます。卵のぬけがらはフケと見まちがいやすいものですが、髪の毛にこびりついて爪でしごかないと取れないので判別できます。子どもさんが幼稚園や小学校などの集団生活の中で感染するケースが多いですから、その症状や対処法や予防などをきちんと知っておきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

アタマジラミが感染

原因となる感染経路は2つです。『直接、頭髪と頭髪が接触して感染するケース』『モノを介して感染するケース』です。

子どもたちは頭を寄せ合って遊んだりしますね。『接触することで感染するケース』は、髪の毛と髪の毛が接触する時に感染してしまっています。他にも集団で昼寝をしているときや混雑したところで髪が接触してうつることもあります。『モノを介して感染するケース』では、タオル・帽子・くし・ブラシ、寝具(シーツや枕など)を共用することによって感染してしまいます。よくプールでの感染が心配されていますが、水の中では感染はほとんどないと考えられます。プールに入る前や入った後の頭をふくタオルの共用や、共用のロッカーや脱衣かごなどが感染の原因になることがあるということです。アタマジラミはしっかり髪にしがみついていますから、プールの水での感染はほとんど考えられません。

また、不潔にしていたから感染したと考えるのも間違いです。清潔にしていても感染します。感染すると《強いかゆみ》が症状として出てきます。特に耳の後ろと後頭部が多いです。強いかゆみから頭皮をかきむしり、その傷から細菌感染を起こすこともありますから、よく気をつけておきましょう。

 

感染を見つけたら

すぐに駆除をしましょう。駆除には梳き櫛を使う方法スミスリンシャンプーやスミスリンパウダーを使う方法があります。シャンプーとパウダーはどちらも1日1回、3日に1度を3~4回繰り返すことで駆除することができます。しかし、耐性のあるアタマジラミの発生も確認されており、駆除が大変になっています。耐性のあるアタマジラミであることに気づかず、スミスリンによる駆除を続けていれば、耐性アタマジラミが増加してしまう恐れがあります。薬の回数や量が多ければよく効くだろうと、必要以上に使いすぎれば皮膚炎を起こしてしまうかもしれません。薬を正しく使ったのに駆除がうまくいかなかったら、薬を使い続けるのではなく、シラミ専用梳き櫛を使った駆除に切り替えましょう。

シラミ専用の梳き櫛は、普通にシャンプーしたあとに、コンディショナーをつけてから使うと《髪が滑り効率よく駆除できる》《髪を傷めにくくなる》《抜けない、痛くない》《成虫、幼虫、卵がよく取れる》というメリットがあります。くせ毛の子どもさんも嫌がらずできると思いますよ。梳き櫛は10日間、2日おきに4回使うことで全部のアタマジラミを駆除することができるといわれます。その後もときどき確認することを忘れないようにしましょう。また見つかったときには、同じように駆除します。

 

予防法

タオル・帽子・くし・ブラシなどは共用しないことが一番です。寝具はこまめに洗濯しましょう。アタマジラミは熱に弱いですから、洗濯の前に60℃以上のお湯に5分以上つけておくと効果的です。乾いたあとにアイロンをかけるとさらにいいでしょう。また、アタマジラミは髪の毛から落ちても2日間くらいは生きていることがありますから、こまめに掃除機をかけるようにしましょう。アタマジラミは夏や梅雨時期だけの発生ではありません。一年中発生していますから、子どもさんの頭髪はときどきチェックするのを忘れないようにしましょう。

Sponsored link