りんご病の症状は大人と子供では違う?治療方法は?

なかなかかわいい名前の病気ですが、正式には『伝染性紅斑』というウィルス感染症です。なんといってその特徴は頬にできる赤い発疹です。初めは赤い小さなブツブツがたくさん、両方の(たまに片方のこともあり)頬にできますが、やがてその小さなブツブツが重なり合ってべったりとりんごのような大きさの大きな発疹になります。この発疹は顔だけでなく、腕の肘よりも上の方の外側や太ももの前側の上の方にレース模様のように見える発疹ができてきます。幼児や小学生が感染することが多い病気ですが、大人も感染します。大人の方がひどい症状になりやすいということです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

子どもも大人も感染するりんご病とはどんな病気?

ウィルス性の感染症です。飛沫感染で広がります。潜伏期間は1~2週間程度で、一般的にはそのあと軽い発熱がありますが、子どもも大人も無症状で感染したのに気づかないこともあるそうです。発熱がある、もしくは軽い風邪の症状(のどの痛み・だるさなど)があるという時期が一番感染力の強い時期です。潜伏期間のあと1週間経過したあと(感染から2~3週間程度)で発疹が出てきます。発疹はかゆみをともない1~2週間ほど続いておさまりますが、いったんおさまっても入浴、日光などの刺激で再び出ることがあります。また、身体があたたまるとかゆみが増しますから、お風呂の温度なども注意が必要です。発疹が出る頃になると感染力はなくなります。子どものりんご病の症状はこれで終わりになることが多いですが、大人が感染した時の症状にはまだ続きがあります。

 

子どもよりもひどい大人の症状

大人が感染した場合、発疹も頬はあまり赤くはならず火照った感じがするくらいですが、その2~3日後から手や腕・太ももに小さな赤い斑点がレース模様のようにでき始めます。そしてこの頃から手首や指、ひざや腰などの関節の痛みが強くなります。ひどい時には手の指が曲がりにくくなったり、階段を上り下りする際に不自由を感じることもあります。しかし、この赤い斑点や関節痛は1週間くらいで自然に治ります。これまで書いたさまざまな症状は、1ヶ月近くもよくなったり悪くなったりする(症状がおさまってまた出てきたりする)ことがありますが、特に心配はいりません。きわめて稀に貧血や脳炎などの合併症がみられることがあります。これは大人も子どもも注意しておくことですが、『高熱が出る』『元気がなくなる』など何か変わったようすが見られた時には早めに受診するようにしましょう。

また、妊婦さんがかかると胎児に重症の貧血を起こし流産する可能性があるといわれていますから、子どもの周辺で流行がないかどうか、情報をしっかりチェックしておきましょう。

 

治療は?学校には行っていいのかな?

かゆみに対する対症療法がしかありません。1回かかったら2度とかからないのではないかといわれています。感染していても症状が出ないことがよくあるらしく、大人の半数近くは知らないうちに免疫を持っているということです。

発疹が出る頃にはもう感染力はほとんどないので、登園や登校の制限はありません。プールも基本的に大丈夫なのですが、知らない人にとっては不快なものかもしれませんので、よく考えて行動しましょう。

りんご病は感染力も強くなく、症状もそんなに重いものではないですから、普通の健康な子どもが感染しても、大騒ぎするような病気ではないといわれます。しかし大人が感染すると関節まで痛くなってしまうので、自分の子どもが感染した場合はしっかり予防しましょう。感染経路は飛沫感染ですから、予防するには風邪やインフルエンザの時と同じで、《うがい》《手洗い》をしっかりやることです。

Sponsored link