長崎みなと祭り2015日程と花火大会イベント情報通規制に注意!

2015年7月25日(土)と26日(日)はながさきみなとまつり2015が、松ヶ枝岸壁近くの長崎水辺の森公園(ながさきみずべのもりこうえん)周辺でおこなわれます。2015年は昨年より2,000発も多い、1万発の花火》の打ち上げがあります。首が痛くなるほど近くから高―くあがる花火、25分間も続くお楽しみです。なお、近隣の駐車場は両日とも前の道路が通行止めになる19時頃から22時頃まで入出庫ができなくなりますから、公共交通機関を利用しましょう。

 

 

スポンサードリンク

ステージイベントと花火大会

両日とも16時から21まで、数多くのゲストを迎えてのイベントスケジュールが『ベイサイドステージ』で組まれています。

【7月25日(土)】は、16時から地元出身の歌手《タナカハルナさんのLIVE》、そのあと30分程度4組の《ご当地アイドル(福岡、大分、長崎)FES》があります。18時50分からは《オークション》が行われ、19時30分から《新体操ショー》、19時から別の場所で行われていた《先賢長崎さるき》の上位3チームの発表と演舞、そしていよいよ20時20分から25分間はお待ちかねの5,000発の打ち上げ花火です。花火が終わったら《クスノキリレーソングPR withタナカハルナ》が21時まで行われます。

【7月26日(日)】は、16時から約2時間半ほど《ながさきちゃんぽん大ガクゲイ会》というステージ(内容はよくわかりません…)、そのあと18時45分からはNight Stageとして《オープニング》《ミスユニバースジャパン登場》《3つのグループのLIVE》が行われ、前日と同様に20時20分から25分間の打ち上げ花火です。それからLIVEが21時まで行われ、『ベイサイドステージ』でのすべてのイベントは終わります。

 

ステージ以外のイベント

25日(土)、26日(日)両日とも、水辺の森公園と隣の三角広場では《ベイサイドマーケット》が開催されます。また同時開催で《グルメミニフェスティバル》も三角広場で行われています。ぜひ、長崎のおいしいものをたくさんゲットしてください。

25日(土)19時からは出島ワーフ横のステージで、約500人の市民が光るグッズを身につけての演舞《先賢行列長崎さるき(せんけんぎょうれつながさきさるき)》が行われ、出島ワーフは光に包まれることでしょう。その上位3チームは、25日の花火の前に『ベイサイドステージ』で演舞を披露します。

 

花火大会

メインの花火大会、2015年は3つの〔ココが違う〕ポイントがあります。

まず1つめ花火の数です。昨年は土曜日3,000発と日曜日5,000発で合わせて8,000発の花火でしたが、今年は両日とも5,000発で【合わせて10,000発】の花火の打ち上げです。2つめ、【今年の花火は音楽とコラボ】でしかも地元のラジオ放送でも生中継されます。3つめ、【花火協賛観覧スペース】を設けています。出島岸壁エプロンでコンクリート敷きですが、かなり間近で花火を楽しむことができます。協賛金として1人300円(小学生以上)が必要で、ベイサイドマーケット近くの総合受付で受け付けます。受付時間は15時から直前の20時20分までとなっていますが、2000人分の入場券がなくなり次第終了しますから早めにゲットしましょう。

 

・交通規制

大波止電停あたりのゆめタウン夢彩都前~県立美術館~水辺の森公園~大浦海岸通り交差点までは、19時頃から22時頃まで通行止めになりますからご注意ください。お越しの際は、路面電車等の公共交通機関を利用してください。また、会場は非常に混雑いたしますので、子どもさんの手を離さないようにしてくださいね。

Sponsored link