マイコプラズマ伊香

誰でも一度は耳にしたことがある《マイコプラズマ肺炎》は、「マイコプラズマ」という病原性微生物によって引き起こされる肺炎です。典型的な症状は《痰がからまない咳》で、他にも《鼻水》《発熱(高さはさまざま)》《倦怠感》などがあり、普通の風邪とよく似ています。『乾いた咳が長く続く(夜間に多い)』『胸痛・疲労感がある』『38度以上の発熱がある』などの症状がある時にはマイコプラズマ肺炎の疑いがありますから、必ず受診しましょう。子どもの感染が多いですが、もちろん大人も感染します。大人が感染すると症状が重くなる場合もありますから注意が必要です。

スポンサードリンク

症状は

典型的な症状は長い期間続く《空咳(痰がからまない咳)》で、子どもも大人も同じです。特に夜間に出やすく、いったん出るとなかなか止まりません。また、感染しても風邪だと思い込むケースもめずらしくなく、知らないうちに感染して周囲に広げてしまうこともあります。空咳はかなりひどく出るはずですが、発熱等の症状が比較的少ないため〔いつもよりちょっと咳がひどい風邪だろう〕と思うくらいで過ごしてしまうようです。このように自然治癒してしまうケールも少なくありませんが、症状がひどく、《高熱で水分が取れず脱水状態になっているとき》や《咳が激しくて睡眠や食事が著しく妨げられるとき》など、また《他の病気を併発した場合》は入院が必要になります。

一般的に子どもの症状の方が軽く、大人が感染した場合は重症化しやすく、咳と発熱でかなりつらい症状になる傾向があります。重度になると髄炎などの合併症を引き起こす可能性もあります。

 

感染力は比較的弱いですが

感染経路は主に【飛沫感染】【接触感染】です。

感染力自体は強くないのですが、感染する可能性のある期間(感染から回復まで)が長いため、小規模ではありますが流行することがあります。1度感染すると免疫ができて2度と感染しないということはありません。免疫はできますが、できても長続きしませんから、また感染する可能性は十分あります。大人の場合は何度か感染すると抵抗力がつき感染しにくくなりますが、子どもの場合は繰り返し発症する可能性があります。

検査は

以前はペア血清といって2回採血して交代の上昇の程度をみるという方法で調べていましたが、これは結果がでるまで非常に時間がかかりました。最近ではノドの奥をしっかりとこすってマイコプラズマ肺炎の菌の成分を検査する方法が用いられていて、検査の結果が出るまでも時間も15分程度となっています。

他にもいくつかの検査方法があるようですが、設備が整っていないとできない検査もあり、実際には比較的簡単に行えるこの方法が用いられているということです。

 

症状の重さも人それぞれですし、ほとんどが自然治癒しているという病気ではありますが、重症化すると入院治療ということになりかねませんから、空咳が長く続くようであれば、一度受診することをお勧めします。

Sponsored link