マンション イコウ

ライフスタイルによって選ぶ基準が変わってくると思いますが、まだまだと思っているあなたもここらでちょっと考えてみませんか?一般的にどういうメリットとデメリットがあるのでしょうか、また経済面から考えるとどっちがお得になるのでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

まず気になる維持費について

マンションでも一戸建てでも維持費はもちろん必要になります。ここでは維持費として《管理費・共益費》《修繕積立費》《駐車場代》を考えることにします。

《管理費・共益費》は、マンションでは絶対に必要な費用です。ここに含まれるのは管理人さんの人件費や、敷地内の清掃、共有エリアの電気代などです。電気代はちょっと置いておくとして、清掃・管理を自分でやれば一戸建ての場合はこの費用が浮いてきます。ただ、管理人の存在は防犯などに一定の効果があるわけで、この機能を一戸建てでやろうと思えば警備会社などに契約をすることになって結構な金額になってきます。一戸建ては管理費がかからないのは確かにメリットですが、その分、得られないサービスもあります。ということで、引き分けですね。

次に《修繕積立費》です。マンションでは将来に備えて修繕費を積み立てていきます。(一般的に築年数が経つとともに金額が増えます)修繕の必要がある場合はそこから出すことになりますから、突然の大きな出費は避けられます。一戸建てでは毎月修繕費を出すことはありませんが、築年数が経っていくとそれなりのメンテナンスも必要になり、突然の大きな出費を強いられることになる心配はあります。ですから、この費用についてはどちらが得とはいえない面があります。こちらも引き分けでしょう。

最後に《駐車場代》です。マンションでは車を持っていれば絶対に必要ですし、毎月払わないといけないものですから、住む年数によって負担もちがってきます。一戸建ての場合は、家を建てる時に駐車場を作ればいいわけですから、作るのにかかる費用だけで済みます。これに関しては一戸建てがお得ということになるでしょう。

これで単純に一戸建てがお得というわけではないのですが、維持費だけを考えると少しだけ一戸建ての方が、費用が少なくて済むかもしれませんね。

 

住むときのメリットとデメリット

まずはマンションのメリット(一戸建てのデメリット)を考えてみましょう。なんといって一番なのが《セキュリティー面》です。〔管理人さんが常駐〕〔防犯カメラの設置〕〔高層階は覗かれる心配がない〕など、防犯面でメリットが大きいのではないでしょうか。また出かけるのにカギ1つでいいという手軽さもいいですね。これは一戸建てのデメリットになる面で、出かけるのにあちこちのカギをかけないといけないし、〔防犯カメラを設置〕したり警備会社と契約するには相当の費用がかかります。次のメリットは《移動範囲》です。ワンフロアですから移動範囲に段差もほとんどなく、妊娠中でも高齢になっても安心です。これも一戸建てのデメリットになります。一戸建てでは複数階を持てるメリットがありますが、その分階段を上り下りする負担がかかります。また《立地》でも駅近など利便性が一戸建てよりも手に入りやすいです。また一戸建てに比べると《暖かさ》が違います。外と接している面が少ない分、熱を逃がしにくいのです。

では、次に一戸建てのメリット(マンションのデメリット)を考えてみましょう。まずなんといって《庭》を持てることでしょう。そして、家を建てる時に《自由に間取りを決められる》ことです。また《風通し》もよく、ダニやカビの発生もマンションより少ないようです。《騒音》に関してもマンションだと上下やおとなりへの騒音にとても気を使いますが、一戸建ての場合はそれがほとんど必要ありません。ただ、まったく気を使わなくてもいいわけではないですよね。また《ペット》を自由に飼うことができます。最近ではペットを飼ってもいいマンションも出てきているようですが、一戸建ては外で飼うこともできます。

 

固定資産税はどうでしょう

固定資産税は土地と建物にかかってきます。土地に関して、一戸建ての場合は一目瞭然ですが、マンションの場合にはすべての共有資産を負担している人数で割って持分を算出する事になっています。ですから、住人が多いほど土地の持ち分が少ないということになります。また建物の減価償却は、一戸建ての場合は22年、マンションの場合は47です。マンションの方が一戸建てよりも長い期間、建物に対する税金を納めなければならないということになります。一戸建ては土地に対する税金の割合が大きいですが、マンションの場合は建物に対する税金の割合の方が大きくなりますし、それを一戸建ての2倍ほどの期間払わなければならなくなります。

購入するときの費用はマンションの方が少し安くなりますが、購入して30年間住んだとすると、その固定資産税と都市計画税の負担額は一戸建てよりマンションの方が、場合によっては2倍近くにもなることもあります。

 

それぞれのライフスタイルによって決めることが一番ですが、何が一番大事なのかをしっかり見極めていきたいものです。

Sponsored link