てれび いこう

赤ちゃん向けのテレビ番組もいろいろありますが、いつから見せるのがいいのでしょうか。また、テレビを見ることで脳への影響や視力低下などの心配はないのかなど紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

赤ちゃんのテレビはいつから見せる?

やはり赤ちゃんには音や光などが多く発せられるテレビは刺激が強いのではないか?と思っている方も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんがなんとなくテレビに興味を持っていて見ている様に感じる方もいると思いますが、それはもちろん内容がわかるからなわけではなく、音や光があり、反射的に見ているだけです。内容がわかるようになってから見せるようにしても遅くありません。2歳まではテレビは必要ないと言われています。

 

テレビを見せると脳への影響がある?

テレビを過剰に見せることによって脳への影響があるとも言われています。忙しいからとなかなかコミュニケーションを取らず、テレビに頼りっぱなしにしていると、言葉を発するのが遅いなどの言語への影響や、将来的には対人関係や心の成長にも影響があるとも言われています。

赤ちゃんにテレビを見せているつもりはないけれど、朝からテレビがつけっぱなしになっている家庭が多いとも言われています。赤ちゃん見せているつもりはなくても、赤ちゃんには影響を与えてしまっていますので、親自身も必要のないテレビの視聴はしないようにしましょう。

 

視力低下の心配は?

視力低下への影響は実際のところわかってはいません。しかし、幼児から大人まで幅広い層の人が長時間に渡ってテレビを見たり、近くによって見ると視力低下に繋がることから、赤ちゃんにも影響がないとは言えません。

また、赤ちゃんはテレビの光や音が気になって、近づいて見たりするようになったりもしますので、注意が必要です。

 

やっぱり見せないようにするべき?

視力低下の可能性や、言葉の発達に影響があると聞くとやはりテレビは見せないようにした方がよいと思われます。必要のない時間はテレビの電源をオフにするようにしましょう。

しかし、うちの子の場合ですが、1歳頃にはテレビを見ていて、童謡が流れれば体をユラユラ動かして喜ぶなんてこともありました。このことからも私自身は一概に見せることがよくないとは思っていません。大切なのは見せ方です。赤ちゃんにテレビを見せる際の注意点

  1. テレビからよく離れて見せる
  2. テレビの連続視聴時間は10分程度
  3. 部屋を明るくする
  4. テレビをつけっぱなしにしない(特に食事中)

以上4つは必ず守る様にしましょう。そうすることによってテレビから受けるとされる悪い影響を避け、逆に育児ツールの一つとして利用することができるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか。テレビ見せすぎていた…と反省してしまう方もいるかもしれませんが、今から気を付けるようにしましょう。赤ちゃんに大切なのは直接親や人と触れ合ってコミュニケーションを取ったり、会話をすることです。テレビも上手に活用しながら、楽しく育児を行いましょう。

Sponsored link