ミュージカルピーターパン感想!2015の日程とおすすめの座席をご紹介♪

夏休み、海や山などのレジャーなどで子供が大はしゃぎする姿は、がんばって働いているお父さん、お母さんにとってはとても嬉しいものです。日常を忘れ、都会の喧騒から離れて、できれば数日間の休みを取って海外へ!!と希望を抱く方もいることと思います。が、しかし!!仕事が忙しくて長い休暇が取れない時、どうしたら子供を楽しませてあげることができるのだろうか?夏休みの素敵な想い出を作ってあげたいけど、東京を離れられない、都内はどこへ行っても混雑しているし、、と悩むお父さんお母さんに、子供の笑顔に触れることができるミュージカル観劇をおすすめいたします。

 

 

スポンサードリンク

 

おすすめのミュージカルは「ピーターパン」

 

ミュージカル「ピーターパン」は、1954年にブロードウェイで本格的なミュージカルとして初演され、日本では1981年に上演。日本で初めてのフライングを使用したミュージカルとして人気を博してから、子供も大人も楽しめるミュージカルとして、35年間も愛され続け夏休みに上演されています。初代ピーターパンの榊原郁恵さんは1987年まで主役を務めました。その後芸能界への登竜門の1つとして、ピーターパン役のオーディションは開始され、沖本富美代さん、美智代さんの双子ピーターパンが登場。相原勇さんとのトリプルキャストの時期もありました。宮本裕子さんや笹本玲奈さん、高畠充希さんなど今日ではミュージカル界には欠かせない存在に成長した彼女たちもピーターパンを演じています。今年のピーターパンは9代目の唯月ふうか。7月20日より東京国際フォーラムCにて上演されます。

 

 

「ピーターパン」の感想!おすすめの理由

 

ミュージカル「ピーターパン」は大人になりたがらない子供“ピーターパン”と、ウェンディ、ジョン、マイケルの3兄弟がネヴァーランドでフック船長らと戦う、夢と冒険の物語です。ファミリーミュージカルだけあって、客席を巻き込んでの演出があり、最初から最後まで子供はもちろん、大人も飽きさせることなく一気に展開していきます。

演出は会場に入ってから始まっています。顔にハートなどをペイントするコーナーや、ピーターパンやティンカーベルになれる似顔絵コーナーなどがあり、子供たちはミュージカル開始前からすでにネヴァーランドへ到着していることになります。

開演前の客席は子供たちのワクワクした大はしゃぎの声であふれ、開演のベルと共に、大人も一気にピーターパンの世界へ引き込まれます。不思議なことに、フライングの場面になると、心の奥底から湧き上がるなんとも言えない感動で涙が出てきます。その不思議な気持ちはどこから湧き出てくるのかわかりませんが、「空を飛ぶ」ということは人間の永遠の夢と希望につながっているのでしょうか。そしてネヴァーランドで繰り広げられる戦いに、大人も子供も夢中になります。とてもわかりやすいストーリー展開や、罠にかかったり、悪をやっつけたりする場面は、日本人が大好きだったドリフターズや水戸黄門などの要素が含まれていると感じます。それに加えて、無邪気な心、ワクワクドキドキした冒険心など、大人になるにつれて忘れてしまった夢見る子供心を思い出させてくれるミュージカルが「ピーターパン」です。子供のために一緒に観に来たはずなのに、なぜか最後は大人が感動して涙する「ピーターパン」は夏休みの素敵な想い出になること間違いなしです。

そして、何よりも劇場は指定席だということを忘れてはいけません。どこへ行っても混雑していて、何時間も並ぶ、そんなことで貴重なお休みの時間を費やしてしまってはもったいないです。指定席を購入して、劇場へ向かえば、並んで待つこともなく座席が用意されています。これなら一緒に行く家族、子供たちを飽きさせることなく、有効な時間を過ごせます。

 

 

 

「ピーターパン」東京公演情報はこちら

2015年の東京公演は、7月20日から7月30日まで、有楽町・東京国際フォーラムCホールにて上演されます。

 

公演日時 7月20日(月)11時/15時半

7月21日(火)13時半

7月22日(水)13時半

7月23日(木)11時/15時半

7月24日(金)休演日

7月25日(土)11時/15時半

7月26日(日)11時/15時半

7月27日(月)13時半

 

7月28日(火)11時/15時半

7月29日(水)11時/15時半

7月30日(木)11時

 

 

<原案・原作>ジェームズ・M・バリ <演出・振付>玉野和紀

<出演>唯月ふうか / 大貫勇輔 / 佐藤すみれ / 白羽ゆり / さとうこうじ /

岡田亮輔 / 鯨井康介 / 当銀大輔 / 兼崎健太郎 / 野田久美子 / 安田カナ /

宮崎あゆみ / 澤田栞 / 山内優花 / 中野高志 / 露口洋暁 / 萩原啓介 /

東慶介 / 田嶋悠理 / 内木克洋 / 三浦莉奈

 

引用URLhttp://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1507188&rlsCd=001&lotRlsCd=

 

チケット情報

ドリームシート(大人・子供共通)8,000円

※1階中央ブロック、ピーターパンが頭上に飛んでくる迫力満点のスペシャルエリアのお席です!もれなく「妖精の粉」をプレゼント(期間限定)

S席(大人) 8,500円

S席(子供) 5,500円  ※子供は3~12歳

S席(シニア)6,000円 ※シニアは60歳以上

A席(3階席) 3,500円 ( 大人・子供同一料金)

 

また、子供が一人で観劇できる「冒険シート」というチケットが発売されています。

対象は小学生です。S席5,500円。劇場入り口から座席までのアテンド、上演中・休憩時のサポート、終演後の座席から会場出口までのサポートをしてもらえます。お子様が一人で観劇できる冒険シートです。お子様が観劇している時間は久しぶりに銀座でショッピングなどいかがでしょうか?

冒険シートの公演日程は、7月23日(木)11時、7月25日(土11時、7月28日(火)11時、7月29日(水)11時。

参考URL:http://hpot.jp/specialticket/bokenice

 

この他にも、アイス付チケット、A席ランチ付チケットも発売されています。

 

お問い合わせはホリプロチケットセンター TEL:03-3490-4949まで。

Sponsored link