目の疲れを取る方法!ツボで解消!マッサージやサプリメントでも!

長い時間テレビやパソコンを見たり、スマートフォンを使用したりする機会が多い現代人は目の疲れを感じることが多いと感じる人も多いです。そんな目の疲れの取り方を紹介しちゃします。

 

 

スポンサードリンク

 

 

目の疲れの取り方

パソコンの使用後や一日の終わりになるとなんだか目が疲れているな、目がショボショボするな、と感じることもあると思います。しかし、多くの人が次の日の朝になれば治るし、病気ではないから…と目の疲れを放置しているのではないのでしょうか。

しかし、目の疲れを放置しておくと、ドライアイや頭痛、肩こりなど他の症状を引き起こすこともあります。なので、毎日しっかりとケアをして、目の疲れを取ることが大切です。

また、目の疲れ取り方はさまざまです。ここでは簡単にできる目の疲れの解消方法を紹介していきます。

 

  • ツボで解消

 

https://youtu.be/Fluc6SrZ2_M

目の疲れを取るにはツボを刺激すると効果があります。入浴中や就寝前など、リラックスした状態で行うようにしましょう。また、パソコンで作業をしているときなどの休憩に行うのも効果的です。

 

手の親指と人差し指の間あたりにある、合谷というツボを3秒押す、離すを繰り返すと目の疲れだけでなく、肩こりや便秘解消にも効果があります。

 

首の後ろの髪の毛の生え際あたりの天柱、風池というツボにも目の疲れを解消する効果があります。親指の先をツボにあてて、強めに刺激を加えるようにしましょう。

 

また、足のツボでも目の疲れを解消することができます。足のツボは足裏の人差し指と中指の間あたりにあります。右目が付かれている場合は左足、左目が付かれている場合は右足のツボを押すようにします。

 

  • マッサージで解消

 

https://youtu.be/QNPe-7a-fOo

目の疲れにはフェイスマッサージも効果があります。簡単にできるので一日の終わりに行うと目の疲れが次の日に響かないようにすることができます。毎日寝る前に行うようにしましょう。

 

また、頭皮のマッサージも効果があります。頭皮マッサージの方法は円を描くようにこめかみ付近のマッサージをします。頭皮の血行は下から上に流れているので、マッサージも同じように下から上にマッサージしていくことが効果的です。

 

どちらも簡単にできるので、就寝前だけでなく、デスクワークなど仕事で疲れたときにも行うとよいですね。一日1分続けるだけで目の疲れ具合がだいぶ変わってきますよ。

 

  • サプリメントで解消

 

身体の中から目の疲れを取るにはサプリメントが効果的です。目にいいサプリメントと聞くとやはりブルーベリーを使用したものを想像する方が多いのではないでしょうか。ブルーベリーが含んでいる『アントシアニン』が目の疲れに効果があります。『アントシアニン』はアサイーやビルベリーにも多く含まれています。また、『ルティン』や『DHA』も目の疲れに効果がある成分になるので、この3つが配合されているサプリメントを服用するようにしましょう。コンビニや薬局にも多く販売されていますので、含まれている成分をよく確認したうえで使用しましょう。

なかでもおススメのサプリメントを紹介しておきます。

・えがおのブルーベリー

先ほど紹介した『アントシアニン』、『ルティン』『DHA』はもちろん配合されており、ビルベリーの効果によってアントシアニンの吸収力をアップさせてくれます。また、価格も1600円と続けやすいのもいいですね。

・やわたブルーベリー

ビルベリーを多く含んでいるのがこのサプリメントです。また、他の成分も

配合されているので、目の疲れを解消するのに効果は抜群です。

・アスタブライト

ブルーベリーの約12倍の『アントシアニン』を配合しているので、目の疲れ解消の効果は当然、他のものより高いと言われています。また、口コミ大変多く人気が高いサプリメントです。飲んですぐに効果を感じる方が多く、一度使用したら手放せないという方も続出です。

どちらも定期的に購入すると特別価格で購入できるのがネット販売なので、ぜひ利用してください。ただし、人によって効果の感じ方はさまざまなので、一度お試し品を購入してから定期購入をするようにしましょう。

 

 

  • その他の方法

 

目の疲れを取る方法は他にもあります。目の疲れが原因で目が充血しているときは冷やしたタオルで目を覆ってパックのようにするとスッキリします。

目がショボショボしているときは温めたタオルで目を覆うと血行が良くなります。また、両方の症状がある場合は冷たいタオルと温かいタオルを交互にしようすると効果がありますよ。

 

まとめ

いかがですか。目の疲れは自分では感じていなくても身体は感じています。目の疲れが症状として現れる前から、ツボ押しやマッサージなどできることからしておくだけでドライアイなどの予防につながります。

また、サプリメントは自分に合ったものを継続して服用することが大切です。サンプルなどで比較をして、自分に合ったものを購入しましょう。

最初からいろいろなことを始めると途中で続けることが大変になってしまう場合もありますので、簡単にできることから始めていきましょう。

Sponsored link