• 投稿 2015/02/20
  • 雑学
新社会人 知っておきたい敬語の種類!ありがちな間違いとは?

 

春になると、初めて社会に出て働く「新社会人」がよく話題になります。

それまで目上の人に対し敬語は使ったことはあっても、実社会に出てビジネスの世界で使う敬語は、

シーンによって使い分け、新社会人にとっては難しく思うかもしれません。

新社会人に限らず、敬語は正しくできていなければ、態度で敬意を表していても、相手に不快感を

与えてしまいます。ビジネスパートナーとして信用されませんので、敬語は大変重要になります。

 

スポンサードリンク

 

 

■敬語には種類があります

 

2007年2月2日、文化庁に設置されている文化審議会に、国語分科会より「敬語の指針」の答申が

提出されました。

それまで敬語は、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類でしたが、その中の謙譲語と丁寧語が

細かく分かれ5分類となったのが大きな特徴です。

 

1.尊敬語 例:いらっしゃる、おっしゃる、なさる

相手について、その人側の物や動作や状態などを高めて表現する言い方。

2.謙譲語Ⅰ 例:伺う、申し上げる、差し上げる

話題に登場する人を低めることによって、相手の人を高め、敬意を表す言い方。

3.謙譲語Ⅱ 例:申す、参る、存じる

話題に登場する人を低めることによって、聞き手に敬意を表す言い方。

4.丁寧語Ⅰ 例:です、ます、ございます

話し手の丁寧な気持ちを直接表現する言い方。

5.丁寧語Ⅱ(美化語) 例:お酒、お花、ご近所、ご祝儀

表現の上品さ、美しさの水準を上げるために用います。

 

 

■目上の人や先方様に対して、ありがちな敬語の間違い

 

×ご苦労様です → ○お疲れ様です

×すみません → ○申し訳ございません

×しばらくぶりです → ○ご無沙汰しておりました

×いつもお世話様です → ○いつもお世話になっております

×お分かりいただけましたでしょうか → ○ご理解いただけたでしょうか

×ご一緒します → ○お供させていただきます

×参考になりました → ○勉強になりました

×どうしますか? → ○いかがいたしますか?

 

 

■最近はこんなケースも・・・

 

・会計の時など「一万円からお預かりいたします」と耳にすることがありますが、

「から」は不要で、「一万円をお預かりいたします」というのが正しい言い方です。

・「○○でよろしかったでしょうか」という会話も一般的に使われていますが、

よろしかった、は過去形になるので、正しくは「○○でよろしいでしょうか」になります。

 

********************************

 

では最後に、次の会話の中で、アナタは敬語の間違いを何個見つけて正すことができますか?

食品メーカーに勤めた新入社員Aさん、その上司のB部長、取引先の新入社員Cさんの会話です。

 

Cさん「今日はお約束の試作パッケージをお持ちいたしました。B部長はおられますか?」

Aさん「はい。こちらにお座りお待ちください」

Aさん「部長、C様が参られています」

Aさん、Cさんに「わが社の新商品です。よろしければどうぞお召し上がりください」

 

B部長「このパッケージの材質は○○でしょうか?△△ではないですよね?」

Cさん「はい、申されたように、○○で作っています」

B部長「では、一度検討の上、こちらから連絡を入れさせていただきます」

Cさん「了解しました。わが社の上司にも申し上げておきます。宜しくお願いいたします」

 

 

 

間違い箇所は・・・

Cさん「B部長はおられますか?」→「「B部長はいらっしゃいますか?」

Aさん「こちらにお座りお待ちください」→「こちらにお掛けになりお待ちください」

Aさん「C様が参られています」→「C様がお見えです」

Aさん、Cさん「わが社」→「弊社」

Aさん「どうぞお召し上がりください」→「どうぞ召し上がってください」

Cさん「申されたように」→「おっしゃいましたように」

Cさん「了解しました。上司にも申し上げておきます。」→「かしこまりました。上司にも申し伝えて

おきます」

Sponsored link