ハッカ油

スーッと鼻に涼しいハッカ。そのハッカ油はとても便利なことをご存知ですか?その用途は様々です。自然が生んだハーブ、ハッカ油の利用方法を知れば、快適な生活が送れます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ハッカ油ってどんな効能があって、効果があるの?

ハッカには色々な効能・効果があります。万能アロマと言っても過言ではありません。ミントの香りですから、慣れ親しんでいる香りですし、その効能は様々です。医薬品ではないので、その効能や効果を知って自分なりの使い方を考えるもの楽しいですよね。

まず知ってほしいことは、ハッカの葉に含まれるメントールには高い抗菌性があると言われていることです。そのため、クローゼットなどの防腐剤として効果があります。またそのスーッとする香りから、消臭効果もあります。さらに軽い麻酔作用があるので、脳に伝わる痛みをブロックしてくれますから、頭痛や肩こりにも効果があります。そういえば湿布薬もスーッとしますよね。そして、なんといってもこの効果!!殺虫効果、忌避効果があるんです!虫が嫌う香りなので、お部屋へ虫が侵入するのを防いでくれます。

 

 

ハッカ油の虫除けスプレーの作り方と使い方

私たちはリラックスしたい時にハーブやアロマの香りを嗅ぎますよね。しかし、虫はハーブの香りが苦手なのです。虫除けに窓辺にハーブを飾るお家もあるくらい、害虫除けにはハーブが効きます。特にハッカ油は安価で手に入りやすく、蚊、ゴキブリ、ダニ、コバエなどが嫌う香りです。そこで、夏場のキャンプやバーベキューなどのアウトドアの時に、持って行くと便利な虫除けスプレーの作り方を調べてみました。

 

用意するものは、ハッカ油、消毒用エタノール、水、スプレー容器です。人体にスプレーする場合は精製水の方がよいでしょう。

 

  1. 容器に消毒用エタノール10mlを入れてから、ハッカ油を20滴ほど入れます。
  2. ふたを閉めて、2液をよく混ぜます。
  3. ふたを開けて、水(又は精製水)90mlを加えて、ふたを閉めて混ぜます。

完成です!

エタノールは水と油を混ぜやすくするためのものなので、肌にスプレーするだけなら、水だけでも大丈夫です。

 

スポンサードリンク



こんなに簡単に作れてしまいます。早速作って試してみましょう。

まずは、虫が入ってこないように、家の玄関や窓枠など、侵入しそうな場所にスプレーしておきます。あとはエアコンのフィルターにもスプレーすると部屋の香りもよくなります。それと網戸にもスプレーしちゃいましょう。蚊などが寄り付かなくなります。ただし、網戸の材質によってはハッカ油が合わない場合もありますので、スプレー前に調べておくと安全です。それと、とにかく遭遇したくないゴキブリ。あの姿を目撃しないためにも、台所のシンクのゴミうけや三角コーナーにも使ってください。とにかくゴキブリとか出そうな所にスプレーしておくとよいです。殺虫剤をまくよりも安全ですし、小さな子供がいるお家には安心ですよね。

 

 

その他の使い方

様々な効能があるハッカ油ですが、その他の使い方も簡単です。肩こりとか頭痛、そして眠気覚ましには直接肌につけて大丈夫です。マッサージすると本当に気持ちよいです。

また殺菌効果を利用して、ハッカ油数滴を落とした水で作るおしぼりや、うがいなどにも水に数滴落として使ってみてください。喉がスーッとして気持ちがよいですよ。他にもハッカ油をしみこませた布などをげた箱やクローゼットに置いたり、ハッカ油水を布団にスプレーしてみるのも、よいですよね。

 

こんな風に万能なハッカ油です。常備しておくと大変便利ですよ。

Sponsored link