鏡

お風呂場の水垢ってやっかいですよね。お風呂用洗剤で毎日洗っていたはずなのに、いつのまにか水垢がついて曇ってしまい擦っても擦っても取れない状態。どうしたらきれいになるのか、水垢の取り方とか、鏡をきれいに保ちたいとお悩み中のあなたへ、水垢の取り方と防止方法を教えちゃいましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

水垢の正体

そもそも、あの汚れってなんだかわかりますか?あの汚れ、実は水に含まれるカルシウムとかマグネシウムとかが蒸発してできたものなんです。だからいくら鏡を水で掃除しても、乾燥した時に出てくるんですね。長いことこびりついた水垢を落とすのは大変です。私もお風呂掃除をしながら悩んだものです。

 

掃除には酢を使ってみましょう

我が家はお風呂をリフォームしたばかりで、気持ち良いバスタイムを過ごせているのですが、水垢だけはすぐ発生しちゃいました。掃除しても取れないし、ふわーっと出てくる白い水垢には参りました。そこで、この水垢が取れるよい方法はないのかしら?と「水垢の取り方」を調べてみました。するとさもありなん、汚れはアルカル性ですから、酸性の「酢」がよいことがわかりました。その使い方はこんな感じでした。

まず、雑巾やガーゼなどに酢を適量しみこませて鏡を拭きます。ついたばかりの水垢ならこれで簡単に汚れが溶けてくるのできれいになります。少し頑固な水垢は、酢をつけた雑巾などを鏡に張り付けて半日くらい置いてから拭くとよいみたいです。雑巾の上からサランラップなどを張っておくと、密閉されて酢の蒸発を防ぎ効果を発揮します。これで鏡はピカピカです。注意点としては、鏡などの金属部分には触れないようにすることです。酸性の酢が金属を痛めてしまいますので。

 

酢でも落ちない時はこれ

しかし、酢を使っても落ちない頑固過ぎる水垢がある時は、「歯磨き粉」が活躍します。歯を“磨く”とあるくらいですから、鏡を磨くのです。ただし、ごしごしと歯ブラシで磨いてしまうと鏡を傷つけてしまうのでNGです。まず、雑巾などの布に少しだけ歯磨き粉をつけて、円を描くように鏡を磨くのが一番です。水垢がきれいに取れて鏡がツルツルでピカピカになり気持ち良いです。

 

スポンサードリンク

 

水垢の防止方法は?

掃除してきれいになった鏡ですが、当たり前ですがまた汚れますよね?そもそも水垢がつかないようにするには、どうしたらよいのでしょうか?水垢の原因は水ですから、こまめに拭くことが一番です。お風呂上がりと風呂掃除後に鏡を拭く習慣をつけるとよいですよね。我が家は吸水性の高いフロスを使用しています。セルロースのスポンジを利用している人もいるみたいです。他にも水滴を落とすゴム製のヘラなどを使うのも楽ですよね。それと、鏡のコーティング剤を使用するといいみたいです。予算があれば水滴がつかないようにするフィルムを張る方法もあるみたいですが、小まめに鏡を拭くことが一番ですね。面倒だとは思いますが鏡を拭くだけなら10秒もかからないでしょうから、続けてみてください。

 

 

Sponsored link