赤ちゃんゲップの出し方のコツ!いつまで出さなければならないのか?

授乳のあとには必ずゲップを出さなければいけないと思っていませんか。

もちろん出してあげることはとても大事なのですが、なにがなんでも出さなければならないものではないのです。そもそもゲップはなんのために出しているのかを理解して、赤ちゃんにもママやパパにも負担のないゲップの出し方を考えてみましょう。

(ここではゲップを出すのをママとして書いていきます)

 

 

スポンサードリンク

 

ゲップはどうして、またいつまで出さなければならないのか

私たちは飲む行為と呼吸を同時にやることができませんが、赤ちゃんはミルクや母乳を飲むときに同時に呼吸をしています。ということは、ミルクや母乳といっしょに空気も胃の中に入ってきてしまいますね。①その空気が胃の中に入った状態では、ミルクや母乳を消化吸収できにくいのです。②胃の中の空気がおなかを圧迫してしまうこともあります。③飲んだミルクや母乳を空気と一緒に吐き戻してしまうこともあります。そこで、ゲップが必要になります。これがゲップを出させる理由です。ゲップを出させないまま仰向けに寝せてしまうと、ゲップと一緒にミルクや母乳を吐き戻したときに気管に入り窒息させてしまうこともあってとても危険です。といっても、どうしても出ない時もありますから、そういうときには胃の出口の方の右側を下にして(左側にタオルを丸めて置いてあげる)寝せてあげると出ることもあります。ただし、ちゃんと出るまで大人が付き添ってあげましょう。

赤ちゃんは5ヶ月から6ヶ月の頃まで、自分でゲップを出すことができませんから、大人の手助けが必要です。『いつまでやらなければならないのかしら』とイライラすることなく、少しのあいだ楽しむ余裕ももちましょう。

 

ゲップの基本的な出し方とコツ

時間は5分くらいが目安です。それ以上がんばってしまうと赤ちゃんもママも疲れてしまいます。

まず《かつぐスタイル(縦に抱くスタイル)》でゲップを出すやり方を紹介します。

①椅子やソファーに浅めに座ります。

②赤ちゃんの胸のあたりがママの肩にもたれるように(赤ちゃんの胃の位置=ママの肩)向かい合って縦に抱きます。この時、背中がちょっと丸くなるくらいがベストです。首がすわっていない内は背中の上の方を支えるようにしてバランスをとります。

③出し方のコツは、背中を下から上へやさしくなでてあげることです。空気が下から上へあがっていくのを促す感じで。手のひらでソフトに軽くとんとんと叩いてあげてもいいですが、赤ちゃんにとって負担にならないように気をつけましょう。

 

スポンサードリンク



 

《かつぐスタイル》が難しい場合(おなかの傷が痛んだりするとき)は、《膝の上に座らせるスタイル》でやってみましょう。

①膝の上に、沐浴の時に背中を洗うような体勢ですわらせます。

②ママの腕に赤ちゃんの胸がもたれるような体勢です。

③赤ちゃんを支えていない方の手で、背中を優しく下から上へ撫でてあげます。

たいていの赤ちゃんは《かつぐスタイル(縦に抱くスタイル)》でゲップが出ますが、うまくいかない時には《膝の上に座らせるスタイル》で試してみるのもいいでしょう。赤ちゃんによって出しやすい角度やスタイルがあるので、いろいろ試してみて赤ちゃんにもママにも負担のないゲップの出し方を見つけましょう。

 

どうしても出ないとき

さきほども書いたように、5分くらいが限度です。それでもでなければそのままベッドやお布団に寝せてかまいません。ただし、仰向けではだめです。必ず右側を下にして寝せることと、しばらくはだれか大人が付き添って様子を見ることが大事です。胃の中の空気はゲップとして出るだけでなくおならで出ることもありますし、ミルクや母乳を飲むたびに絶対に出るというものではありませんから、あまり神経質になる必要はありません。もし出なければ、また次の授乳のときに出してくれるよね…くらいに考えていきましょう。ただ、様子はしっかり見るように心がけましょう。苦しそうで寝ないようなら、しばらくしてからもう一度挑戦するのもありだと思います。どうしても気になるようでしたら、かかりつけの病院で相談してみましょう。

 

ゲップを出すときにミルクなどを一緒に出してしまうことがよくあります。ママの肩やお布団にはガーゼやタオルを置いておくと、においやシミの防止にもなりますね。

 

Sponsored link