アロマオイルの効能おすすめの香りは?認知症予防にも効果あり!

アロマオイルって人気があるけどまだ使ったことがないという方にアロマオイルの効能別の使い方を紹介します。また、認知症予防の効果もありますよ。今日からアロマオイルを使ってみませんか。

 

スポンサードリンク

 

 

アロマオイルの効能

アロマオイルには不眠、ストレス、認知症予防などさまざまな効果があります。寝る前などできるだけリラックスすることが大切ですが、それを手伝ってくれるのがアロマオイルです。植物が自然に作り出した香りをエッセンシャルオイルと言います。このオイルは少し香りを嗅ぐだけでも身体にさまざまな効能があります。

  • 不眠対策にはラベンダー 

 

    1. 疲れていて眠りたいのに眠れない時、慣れない場所で落ち着かない時など不眠対策にはラベンダーがおすすめです。カップなどにお湯を注いで、オイルを数滴垂らして、枕元に置いておきます。すると心が落ち着いて、リラックス効果も高く、快適な睡眠を得ることができます。
  • イライラを落ち着かせてくれるイランイラン 

 

    1. 甘い花の香りがするオイルといえばイランイランです。抗うつや鎮静効果があり、イライラしているときや緊張状態が続いているときなどに効果が高いです。甘い香りなので、普段から使用するという方も多いのがこのアロマオイルです。
  • 気分が明るくなるベルガモット 

 

    1. こちらもイランイランと同様に抗うつや鎮静効果が高いので、不安やイライラなどに効果的です。忙しい方にぜひ使用してほしいアロマオイルです。また、職場などで使用してリラックス効果を高めながら仕事をするのも効率アップできるのでおすすめです。
  • 眼精疲労にも効果があるローマンカモミール 

 

  1. 甘くてフルーティーな香りがするオイルがローマンカモミールです。この香りは心を落ち着かせてくれ、眼精疲労に効果があります。最近ではパソコンやスマホの使い過ぎで知らぬ間に目が疲れているなんてこともあるので、仕事終わりにこの香りを嗅ぐようにすると効果的です。

 

 

 
スポンサードリンク

 

 

 

 

アロマオイルは認知症予防にもなる

アロマオイルを使って、認知症予防をしましょう。

  1. ローズマリーとレモン
  2. 朝は脳の活性化を図る効果のあるローズマリーは集中力や記憶力を高める効果があります。また、レモンは血行改善、促進効果があるので、心も身体もスッキリして気分よく朝から過ごすことができますよ。
  3. ラベンダーとオレンジ
  4. 夜はリラックス効果の高い定番のラベンダーと消化促進、血行促進に効果のあるオレンジをブレンドすると夜はゆっくり眠りにつくことができます。

上手にアロマオイルを使い分けましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。アロマオイルの香りに包まれて、リラックス効果を高めながら、認知症まで予防できるのは素敵ですよね。眠れない時やイライラする時などぜひ試してみてくださいね。心地よい香りに癒されますよ。

 

Sponsored link