エアコン

暑いし、湿度も高い日本の夏の必須アイテムはエアコンですが、冷房と除湿の使い方しだいでは無駄に電気代を払っているかもしれません。お使いのエアコンの機能を正しく知って電気代を少しでも抑え、身体もお財布も気持ちよく夏を過ごしませんか。

 

 

スポンサードリンク

 

 

除湿には2種類あるって知っていますか?

除湿には『弱冷房除湿』『再熱除湿』という2種類があります。お使いのエアコンの除湿機能がどちらかをまず確かめておきましょう。(ちなみにリモコンのボタンには特に書いてありません。メーカーによって《さらら除湿》や《カラッと除湿》などの名称がついているところもあります)

まずエアコンによる除湿の大まかな仕組みを説明します。

空気がたくわえられる水分量は、空気の温度によって決まっています。空気の温度が高いと、たくさんの水分を貯えることができるのです。空気の温度が下がると、 貯えられる水分量が少なくなりますから、空気中にいられなくなった水分は、水滴としてあふれ出ることになります。夏に冷蔵庫から冷えたジュースを出すと、コップのまわりにびっしり水滴がつきますが、あれは冷たいコップにふれて空気の温度が下がったために、 空気中にいられなくなった水分なのです。除湿はこれと同じことをして、空気中の水分を集める仕組みなのです。まず、エアコンが湿度の高い部屋の空気を吸い込んで、 熱交換器で熱をうばって温度を下げます。すると、空気中にいられなくなった水分が水滴として熱交換器につくわけですね。それを集めて、ホースで部屋の外に出すのです。水分を取ったあとのさらさらの空気は、また部屋に戻されます。これをくり返すことで、部屋の水分を外に出して湿度を下げるのです。

『弱冷房除湿』はさらさらになった空気を部屋に戻すときに《そのままの温度で戻します》から、梅雨時などは肌寒く感じるときがありますが、一方『再熱除湿』は《温度を下げた空気をちょうどいい温度にあたため直してから戻します》から部屋の温度は下がりすぎず湿度だけを下げることになります。

 

それで、電気代はどうなの?

『弱冷房除湿』はそのまま戻しますが、『再熱除湿』はあたため直すという行程が加わりますから、電気代は当然『再熱除湿』>『弱冷房除湿』ということになります。ただ、湿度が低ければ体感温度が下がりますから、設定温度を少し上げることでその差は縮めることが可能です。

 

冷房と2つの除湿の電気代の関係

設定温度を同じにすると、電気代の高い順に『再熱除湿』>『冷房』>『弱冷房除湿』です。

設定温度24℃で1時間の電気代の目安としては、

『再熱除湿』約14円

『冷房』約10円

『弱冷房除湿』約4円

ということで、単純に考えると一番お得なのは『弱冷房除湿』ということになります。しかし、それぞれの特徴を考慮しながら、設定温度を調節したり切り替えることによって電気代は節約できます。最近のエアコンはハイブリッドで冷房と除湿を切り替えてくれるものもありますから、うまく使って電気代が少しでもお得になるよう工夫してみてはいかがでしょうか。

 

Sponsored link