洋服 毛玉

お気入りの洋服を洗濯してみたら毛玉ができてしまって、毛玉取りしても全然取れなくて着れなくなってしまうなんてことがあると悲しいですよね。毛玉のできる原因を知った上で、どうすれば毛玉をきれいな取り方を調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

 

毛玉のできる原因と予防

毛玉ができる原因は生地の摩擦です。摩擦でできると言っても、どのような原理かと言いますと、生地の繊維が擦れて毛羽立って、その毛羽がどんどん絡んで最終的に毛玉が誕生するんです。と言うことは、洗濯で擦れる以外に腕の部分が身ごろ部分に当たって擦れるとか、バッグで擦れるとか、普段の生活の中でも毛玉ができてしまうんです。確かに毛玉のできる場所って、身ごろ脇の部分だったり、腕側だったりしますよね。と言うことは、たとえばお気に入りの冬のコートを、ついつい毎日着てしまうと、擦れる頻度も増えるので毛玉になりやすいってことですね。コートも1日着たら2-3日は他のコートを着る、という風に洋服を休ませてあげることが大切なんですね。長持ちさせるためにも面倒くさがらずにした方が毛玉の予防になりますね。それと摩擦が原因なら、服には柔軟剤とか摩擦防止のスプレーとかしておくとよいです。とにかく少しでも摩擦から遠ざけることで予防になるんです。その他には、セーターなどを洗たく機で洗濯する時、ネットには1枚ずつが予防になります。何枚も入れてしまうとネットの中で摩擦が起きてしまいます。裏返しにしてネットに1枚ずつ入れることでかなり予防できます。もちろんクリーニングに出す方がよりよいですが。なんでも丁寧に扱ってあげることが予防につながるので重要なことです。

 

毛玉の取り方

それでも毛玉ができてしまった時、一番よい取り方はなんでしょうか?まず挙げられるのは毛玉取り機です。生地を痛めてしまいそうで心配なので、使用する時は丁寧に取ることをお勧めします。あとよく使うのが毛玉取りブラシです。ブラシの種類によって使い方は様々ですが、こちらもあまりごしごし強くやってしまうと、やはり生地を痛めてしまいそうなので、十分に気をつけて使いましょう。

 

今評判の毛玉の取り方

その他によく聞くのは、台所用のスポンジです。意外に思うかもしれませんが、毛玉がきれいに取れると評判になっています。スポンジで毛玉を取る方法は以下です。

・食器用スポンジの裏面の硬いざらざらした部分を使います。

・生地を傷めないように、なでるような感じで軽く擦ると毛玉が取れます。

毛玉の毛先が細かい繊維なので、その繊維がスポンジに絡んで取れるそうです。意外と身近なもので毛玉が取れることには驚きます。色々な方法がありますが、生地は痛むものですから、大切にお手入れしましょう。

Sponsored link