かつお

 

その年に初めて水揚げされる鰹のことをいいます。

鰹は、3月頃に黒潮にのって九州南部から太平洋岸にそって北上していき、

親潮とぶつかる東北の三陸沿岸へと到達します。

 

食品業界では、漁獲高の大きい高知県の初鰹の時期(5~6月頃)を、

毎年の「初鰹」として称されています。特に、高知県土佐地方の鰹の一本釣りは、

鮮度が抜群で美味しいといわれています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

●鰹ってどんな魚?

鰹は、スズキ目サバ科に属する魚です。

マグロと同じように、常に泳いでいないと呼吸ができない稀な魚です。

縄文時代より食べられていたようですが、古くは生で食することはなく、硬く干してから食べて

いました。

 

初鰹の美味しい旬はいつ?

水揚げが多くなる4月~5月頃が旬で美味しい時期です。

早くは3月頃に九州地方で水揚げされますが、脂がのっていない上、形も揃っていないので、

比較的安価で取引されます。

 

●鰹の漁獲量が多いところは?

高知県が有名ですが、漁獲量が高いのは主に静岡、三重、宮城、そして意外にも東京、となって

います。

 

●戻り鰹とは?

初鰹は、九州からで三陸沿岸まで北上した後、産卵のために、今度は逆に南下していきます。

この時に水揚げされた鰹、寒いところから戻ってくる鰹を「戻り鰹」といいます。

寒気で冷やされた水は、海底の水と混ざることで、プランクトンが浮き上がり、鰹のエサが豊富に

なります。戻り鰹は、初鰹より脂がのっていることで知られています。

 

鰹に含まれる栄養素は?

・ビタミンB3、B12が豊富!

ビタミンB3は、炭水化物をエネルギーに変え、代謝には欠かせない栄養素です。

ビタミンB12は、葉酸と一緒に赤血球の生成に関わります。少ないと悪性貧血をもたらします。

・DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン 酸)が含まれています。

DHAは脳の働きを活性化し、EPAは血液をサラサラにする働きがあります。

・タウリンも豊富で、肝機能を高める働きがあります。

 

●ヘルシーな初鰹

戻り鰹は、初鰹と比べると栄養素はほとんど変わりませんが、脂肪分が多い分、カロリーは高めです。

そういう意味では、初鰹の方がヘルシーといえます。

 

●初鰹オススメの食べ方は?

初鰹は、脂身が少なく、身もしまっていて、さっぱりとした食感が魅力です。

熱を加えると身が硬くなるので、「刺身」や表面だけを炙る「タタキ」するのがおススメです。

 

☆スライスした玉ねぎの上に、初鰹を並べ、刻んだ万能ネギちらします。

生生姜を添えた酢醤油につけて食べると、なお美味しくいただけます!

他に薬味は、にんにく、柚子やスダチなど柑橘系のしぼり汁がオススメです。

 

☆カルパッチョドレッシングをかけて洋風に!

【簡単ドレッシングの作り方】

ポン酢 大さじ1

オリーブオイル 大さじ1

醤油 小さじ1

にんにくチューブ 少量

ブラックペッパー 適量

 

●初鰹に合うお酒は?

ビールや日本酒(中でも純米酒、本醸造酒)との相性が良いといわれています。

また、米焼酎もおススメです。氷を入れてキリッと冷やしていただきましょう。

 

日本では昔から・・・

その年初めて収穫された「初物」には、他の食べ物にはない生気がみなぎっているので、

それを食べれば長生きできる

と言い伝えられています。

 

初夏に味わう「初鰹」、ぜひ美味しく味わいたいものですね。

Sponsored link