秋に食欲が増加

気候がよくておいしいものも多いので、どうしても食べ過ぎてしまって後悔してしまいがちな秋ですが、どうしてこんなにも食欲が旺盛になってしまうのか、それにはいくつかの理由があります。ちょっとした対処法を知っていれば、食べ過ぎを防ぐこともできますから、食欲をコントロールすることも可能になりますね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

どうして食欲が増すのでしょうか

大きく2つの理由があります。1つは《セロトニンという脳内神経伝達物質の分泌が低下すること》もう1つは《気温変化に対する身体の反応》です。その他《夏バテ気味で低下していた食欲が涼しくなって回復》《おいしいものが多いので食欲が増す》《冬に向けて蓄えておくという生き物の自然の摂理》などもあげられますが、ここでは2つについて書いていきます。

①セロトニンとは、精神の安定を保つ作用のある脳内の神経伝達物質で、食欲の調整にも深くかかわっています。分泌量が少ないときは、増やすためにたくさん食べたり睡眠を取ったりして分泌量を増やし、精神の安定を保とうとします。《日に当たる》、《糖質や乳製品、肉類を摂取する》、《睡眠を取る》等でセロトニンがたくさん分泌されますから、日光に当たる時間が少ない秋は、食べることと睡眠を取ることで分泌量を増やし、精神の安定を保とうとするのではないかと考えられています。

②気温変化に対する身体の反応について。気温が低下すると体温を保つために身体の熱を作ろうとする力が高まって基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がるとエネルギーを使うので、それを補うためにたくさん栄養を摂ろうとしてお腹がすくというわけです。

 

食欲はコントロールできる

日光にあたる時間が食欲に関係するということから、なるべく外に出て気分転換するのは効果的です。ウォーキングやジョギングなどリズミカルな運動はとてもいいでしょう。もちろん散歩するだけでも効果があります。動けばお腹がすきますが、食べ方を工夫すると食べ過ぎも防ぐことができます。また、気温の変化によって食欲が増す場合の対策としては、身体を極力冷やさないように心がけてみましょう。
スポンサードリンク

 

食べ方の工夫

意識的に食べ方を工夫することで食べ過ぎない方法も考えてみましょう。よく耳にすることですが、①野菜や海藻類、汁物を最初に食べることです。まず汁物を飲み、野菜や海藻類を食べます。野菜や海藻類はカロリーが低く、ビタミンやミネラル、食物繊維を多く含んでいますから、身体にもいいですし食欲のコントロールにも最適です。野菜を先に食べると、あとから脂質や糖質を摂っても血糖値の急上昇を防いでくれるので、脂肪として蓄えられにくくなります。また血管へのダメージも防いでくれるので、生活習慣病の予防にも効果があります。海藻類は、歯ごたえがあるのでそしゃく回数が自然と増えて満腹感を感じやすくなります。それに体積があり消化に時間がかかりますから、満腹感をしばらく持続させることで食べ過ぎを防ぐ効果があるのです。

②そしゃく回数を意識して増やすことです。そしゃく回数が多いと満腹感を得られやすくなります。意識しないとなかなかできませんから、噛む回数の目標を自分で決めて実行してみましょう。そしゃく回数を増やすと必然的に食事をゆっくり取ることになります。脳から満腹サインが出るまで10~15分はかかりますから、食事をゆっくり取ることは食欲を抑える効果につながります。会話を楽しみながらゆっくりと食べると、より効果的です。話をしながら食事をすると食べ物を口に運ぶのも途切れがちになりますから、時間をかけてゆっくり食事をすることになり、少しの量でも満腹感を感じることができるというわけです。③お茶やお水など、ノンカロリーの飲み物を一緒に多めにとるといいでしょう。代謝に必要な水分もたっぷりとることができます。特に甘いお菓子を食べるときには意識してやってみましょう。

 

おいしい食べものをじょうずに食べて、健康な身体を作っていきたいものですね。

Sponsored link