アルコールスプレーで効果的な臭い消し!作り方と掃除の仕方を伝授♪

お洗濯ものに雑菌が残っていると、においますよね。ホントにいやなにおいです。そのいやなにおいを身近にあるものでなくすことができるなんて、とてもうれしい情報です。自分の好きな香りでオリジナルアルコールスプレーも簡単に作れちゃいます。もちろん市販のものでも十分に効き目がありますよ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

市販のアルコール除菌スプレーで臭い消し

市販のスプレーは、主に手やテーブルなどについた雑菌を除菌したいときに使っていますね。その除菌の効果を利用して、お洗濯ものの部屋干しのいやな臭いを消すことができるのです。もともと部屋干しの生乾きのいやな臭いの原因は雑菌ですから、その菌を取り除けば当然臭いもしないはずです。干してすぐでもいいですが、半乾きくらいのときにシュッとスプレーすると効果抜群です。

市販のスプレーはアルコール濃度があまり高くありませんから殺菌力はなく、除菌程度しかできませんが、手指などの除菌以外にこんな使い道があるなんて驚きです。

 

作り方はとにかく混ぜるだけ

除菌スプレーより濃度が高いもので『無水エタノール』『消毒用エタノール』というのがあります。『消毒用エタノール』は『無水エタノール』を精製水で薄めたものです。『無水エタノール』の状態では殺菌や消毒の効果はありません。エタノール濃度が70~80%程度で一番力を発揮すると言われていますから、『消毒用エタノール』は80%程度に薄められて販売されています。もちろん『無水エタノール』と精製水を買ってきて自分でも作れます。汚れや用途に応じて濃度を変えていくといいでしょう。精油などで香りをつけるとお掃除のあとにいい香りが残りますから、それも楽しめますね。作り方はとにかく混ぜるだけなのですが、スプレー容器に移して保存します。アルコールはプラスチックを溶かすことがあるので、容器選びは慎重にしましょう。またアルコールは揮発性があるので、しっかり密閉できるものをえらびましょう。

 

アルコールスプレーを使ったお掃除

『キッチン周りの油汚れ』は、エタノールを布にふくませて拭くだけでいいのです。揮発性がありますから、2度拭きの必要はありません。洗いものを終えた後のシンクにはシュシュッとスプレーしておけば、雑菌予防にもなります。また、蛇口や水栓などには吹きかけて拭き取るだけで汚れが落ちます。

『冷蔵庫』の中も外側も、エタノールをふくませた布で拭きあげましょう。エタノールはお酒と同じ成分ですから、食べものに触れることがあっても安全です。

『リビング』などのドアノブの除菌や、『お風呂』『洗面所』の一般的なお掃除やカビ防止、鏡の汚れにもとても効果を発揮します。

『電気製品』では、コードの手垢などをアルコールをふくませた布で拭いて落とすことができます。必ずコンセントを抜いてから掃除してください。

変わったところでは、『ゴキブリ』が出てきたら、かけまくるといいそうですよ。ただし、しっかりかけまくらないとまた動き出すことがあるので、ご注意。

いろいろなところで安心して使うことができて便利なアルコールスプレーですが、気をつけないといけないことがいくつかあります。

◎除菌効果は長く続かないので、必要なときには何度も繰り返し使わなければなりません。

◎引火の可能性がありますから、火気厳禁です。

◎電気製品のお掃除をするときには、必ずコンセントを抜いてからにしましょう。

◎たくさん吸い込むと気分が悪くなることがあるので、お掃除は換気しながらやりましょう。

Sponsored link