乗り物酔い原因と対策は?おすすめの市販薬とツボをご紹介♪

乗り物酔いをしない人にはまったく理解できないでしょうが、その苦しさといったら尋常ではありませんよね。吐き気だけならなんとか我慢できることもありますが、ひどいときには動悸、冷や汗、手足のしびれとどんどん悪くなり、最終的に嘔吐してしまうという最悪の事態になってしまいます。嘔吐が続くと脱水状態になり点滴が必要になることもあるほどです。

 

 

スポンサードリンク

 

乗り物酔いはなぜ起こるのでしょうか

乗り物酔いは《動揺病》や《加速度病》ともいい、乗り物に乗って身体が複雑な揺れ(横揺れや急発進急ブレーキなど)を受けたときに引き起こされる自律神経失調状態です。その状態というのは、『視覚的な情報と内耳にある平衡感覚の情報にズレが出て、そのズレで脳が混乱してしまっている状態』や、『視覚的な情報と身体で感じる情報のズレで脳が混乱してしまっている状態』、また自分で運転していると酔わないが乗せてもらっている時には酔うというときは『脳が予測した情報と実際の情報とのズレにより自律神経の働きが乱れた状態』ということになります。いずれにしても情報のズレによって引き起こされるといえます。

他にも、〔酔いやすい〕などの思い込みから引き起こされることもありますし、車内の臭いやナビなどの操作で注視することが原因になることもあります。

 

対策は

予防としてできることがいくつかあります。

①頭をなるべく動かさないようにすること

頭がグラグラ動くことでより乗り物酔いがひどく感じられることがあります。なるべくしっかり前を向いて遠くをぼんやりと見るようにしましょう。足元のものや後ろのものを取ろうとすると、とても具合が悪くなることがありますから、ものを取るのは他の人にまかせるか車が止まっているときにしましょう。

②可能であれば、窓をあけて風に当たること

高速道路などではできませんが、一般道を走るときにはなるべく窓をあけて風にあたるようにしましょう。船に乗るときも甲板に出られるようなら船室にいるよりも外に出ていた方がいいでしょう。

③ゆったりとした服装で

身体を締め付ける服を着ていると酔いやすくなりますから、ベルトや下着などで締め付けないように気をつけましょう。

④話したり歌ったりしましょう

同乗者と楽しく話をしたり、歌を歌ったりして明るい気分で乗り物に乗ると案外酔いにくいですよ。

⑤自己暗示もいいでしょう

〔酔いやすい〕と思っているとたちまち酔ってしまうことになり、自分が苦しい思いをするだけです。〔大丈夫、きょうは酔わない〕と自己暗示をかけるのも一つの方法です。

⑥寝てしまう

ひどく酔うようならば、早々に寝てしまうのも一つの手ですね。

⑦前日にはしっかり寝ましょう

睡眠不足だとふだん酔わない人でも酔いやすくなりますから、ふだんから乗り物に弱い人は要注意です。

⑧空腹、満腹を避けましょう

食事の量は適度に。そして乗る直前には食べないようにしましょう。

⑨酔い止めの薬を飲むこと

長時間乗り物に乗らなければならない時などは、事前に飲んでおくと安心です。

 

酔い止めの薬とツボ

『酔い止め薬』はいろいろなタイプがあります。水で飲むもの、水なしでいいもの、事前に飲んでおくもの、酔ってから飲んでも効きめがあるものなどいろいろです。自分のタイプにあったもの、旅行など乗り物に乗る時間や乗り物に応じて選んでいきましょう。

いくつかご紹介しておきます。

①Eisai トラベルミン

何種類もあります。こども用から大人用までありますし、予防のために30分前に飲んでおくもの、酔ってからでも水なしで飲める(口の中で溶かす、かむ)もの、ドロップタイプのものもあります。

②エスエス製薬 アネロン「ニスキャップ」・アネロン「キャップ」

カプセル錠です。長時間持続性がありますから、1日1回飲めばずっと効きます。

「ニスキャップ」の方は15歳以上、「キャップ」は7歳~14歳が対象です。

③ロート製薬 パンシロントラベル

7歳から服用できます。1日2錠まで。水なしで飲めます、口の中で溶かして服用してください。

④大正製薬 センパア・センパアS

センパアは水なしで口の中で溶かすまたはかんで服用します。センパアSは錠剤ですから30分前に水で飲んでおきましょう。

⑤佐藤製薬 エアミットサットF

水なしでのめるフルーツミント味の錠剤。水なしでOKです。予防にもいいし酔ってからでも効きめがあります。5才のお子様から大人まで飲めます。

 

次にツボを一つ。『内関(ないかん)』というツボで、手首の内側にあります。

手首の手のひら側で、関節中央から肘の方向に3cmほどのところにあります。少し気分が悪くなってきたら、このツボを反対の手の親指の腹で気持ちがいい程度にゆっくりもみほぐすようにマッサージします。

 

乗り物酔いは本当にツラいものですが、メカニズムを少し知っているだけで対処の方法がわかってきますね。それでもやっぱり乗り物酔いしてしまう人は、事前に薬を飲んで『これできょうは大丈夫』と自己暗示をかけてみましょう。車内で楽しく過ごしていれば、少しの間だけでも酔わずにいられるかもしれません。

Sponsored link